ミヤマタニタデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ミヤマタニタデ
Circaea alpina, Japan 4.JPG
福島県田代山 2016年8月
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : アオイ類 malvids
: フトモモ目 Myrtales
: アカバナ科 Onagraceae
: ミズタマソウ属 Circaea
: ミヤマタニタデ C. alpina
学名
Circaea alpina L. subsp. alpina[1]
和名
ミヤマタニタデ(深山谷蓼)[2]

ミヤマタニタデ(深山谷蓼、学名:Circaea alpina )は、アカバナ科ミズタマソウ属多年草[2][3][4]

特徴[編集]

の高さは5-18cmと日本の同属の他種と比べ、草丈が低い。細く白い地下茎を伸ばして繁殖する。は直立して細く、単一か、ときに分枝し、無毛か細毛が散生する。は対生し、長さ1-2cmの葉柄があり、葉身は長さ1-4cm、幅7-30mmの三角状広卵形で、先端は鋭形、基部は浅心形で、多少毛があり、縁に波状の先がとがった鋸歯がある[2][3][4]

花期は7-8月。茎先に長さ10cmの総状花序をつけ、紅白色を帯びた花柄のある直径3mmの小さいをつける。裂片は紅色を帯び2個あり、長楕円状卵形。花弁は白色で2個あり、倒卵形で先端が2裂する。雄蕊は2個あり、花弁と互生し、花柱は1個で細いかぎ毛のある下位子房がある。果実は長倒卵形の堅果で、長さ2-2.5mmになり、かぎ状の刺毛が密生する。同属他種が2室2種子からなるが、本種は中に種子が1個入る[2][3][4]

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、深山の湿り気のある木陰や高山の日の当たる場所に生育する[2][3][4]。世界では、北半球の温帯から寒帯まで広く分布する[3]

ギャラリー[編集]

分類[編集]

  • ケミヤマタニタデ Circaea alpina L. subsp. caulescens (Kom.) Tatew. [5] - 茎が無毛で開花時に花柄が上を向くのをミヤマタニタデ(subsp. alpina )とし、茎が有毛で、開花時に花柄が横を向くタイプをケミヤマタニタデ(subsp. caulescens )と分けている[4]
  • マルヤマタニタデ Circaea × mentiens Boufford - 本種とタニタデの自然交雑種[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミヤマタニタデ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ a b c d e 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.304
  3. ^ a b c d e 『日本の野生植物草本II離弁花類』p.268
  4. ^ a b c d e 『新牧野日本植物圖鑑』p.489
  5. ^ ケミヤマタニタデ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  6. ^ マルヤマタニタデ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本II離弁花類』、1982年、平凡社
  • 牧野富太郎原著、大橋広好・邑田仁・岩槻邦男編『新牧野日本植物圖鑑』、2008年、北隆館
  • 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年、山と溪谷社
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)