ミヤコワスレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミヤコワスレ
ミヤコワスレ
ミヤコワスレ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: シオン属 Aster
: ミヤマヨメナ A. savatieri
学名
Aster savatieri Makino
和名
ミヤコワスレ

ミヤコワスレ都忘れ学名:Gymnaster savatieri)とはキク科シオン属(旧ミヤマヨメナ属)の植物。別名:野春菊(ノシュンギク)、東菊(アズマギク)。

山野に自生するミヤマヨメナの日本産園芸品種として多く栽培され、開花期は5〜6月頃で花色は紫青、青、白、ピンクなど多種に渡る。

和名の由来は、承久の乱にて佐渡に流された順徳天皇がこの花を見ると都への思いを忘れられるとの話によるとされ、この由来によって花言葉は「別れ」や「しばしの憩い」などといわれる。