ミモザサラダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ミモザサラダ
Mimoza salat e-citizen.jpg
種類 サラダ
フルコース ザクースキ
地域 ソビエト連邦
関連食文化 ロシアの旗 ロシア
主な材料 魚の缶詰, ゆで卵, 粉チーズ, 玉ねぎ, マヨネーズ
テンプレートを表示

ミモザサラダ: mimosa saladロシア語: сала́т мимо́за)は、チーズじゃがいも、缶詰や水煮の魚、たまねぎニンジンゆで卵などを、マヨネーズを繋ぎとして重ねて作るサラダ。それぞれの素材が層になるように美しく積み上げて作り、ケーキのようにカットして取り分ける。旧ソ連地域では非常にポピュラーであり、多くのバリエーションがみられる。ゆで卵は必須であり、細かく刻むか裏ごししてトッピングとして飾られる。

黄色い粒状の卵黄が、雪上に咲く春の花ミモザの花のように見えることから名づけられた [1][2]。 本来のものとは異なるが、日本では単に刻んだゆで卵をちらしたサラダのことをミモザサラダと称することもある。

出典[編集]

  1. ^ Marina Zdobnova (2013). My Olympic Sochi: Travel Guide. p. 150. https://books.google.de/books?id=vFR0AgAAQBAJ&pg=PT150. 
  2. ^ Classic Mimosa - Ukraine National Cuisine”. Discover Ukraine (2015年). 2018年3月5日閲覧。

関連項目[編集]