ミミウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミミウイルス
ミミウイルスの構造
ミミウイルスの構造
分類(ウイルス)
: 第1群(2本鎖DNA)
階級なし : 巨大核質DNAウイルス Nucleocytoplasmic large DNA viruses
: ミミウイルス科 Mimiviridae
: ミミウイルス属 Mimivirus
: ミミウイルス Acanthamoeba polyphaga mimivirus

ミミウイルス (Acanthamoeba polyphaga mimivirus) は、1992年アカントアメーバの中で発見されたウイルスである。2011年10月中旬にチリでメガウイルス・キレンシス (Megavirus chilensis) を発見するまでは知られるウイルスの中で最も巨大であった[1]

本種のみでミミウイルス属を構成する。上位のミミウイルス科には複数の種が発見されており、近縁の種にママウイルス (Mamavirus) が存在する。

概要[編集]

ミミウイルスは、直径がおよそ750nmあり、20面体のカプシド内に脂質二重膜で覆われたDNAがあり、このカプシドを毛状構造が覆う形状を持つ [2]

また、ゲノムサイズはおよそ120万塩基対、遺伝子数は980あり[3]巨大核質DNAウイルスの一つに数えられる。

発見[編集]

1992年、イングランドウェスト・ヨークシャーブラッドフォードにある病院の冷却水から、肺炎の原因菌を調査中に発見された[4][5]。この時は、ブラッドフォード球菌と名付けられたが、その後の調査によりリボソームRNAを持たないことが判明、2003年にサイエンス誌に発表された論文において、ミミウイルスMimivirus)と名付けられた [6]

参考文献[編集]

  • 武村政春 (2015), 巨大ウイルスと第4のドメイン 生命進化論のパラダイムシフト, 講談社ブルーバックス, ISBN 978-4-06-257902-5 

出典・脚注[編集]

  1. ^ 南米チリ沖で世界最大の「メガウイルス」発見”. AFP BBNEWS (2011年10月11日). 2015年11月1日閲覧。
  2. ^ 武村政春 2015, p. 21-22.
  3. ^ 武村政春 2015, p. 37.
  4. ^ 緒方博之. “巨大ウイルスから見える新たな生物界の姿”. 生命誌ジャーナル. 2015年11月1日閲覧。
  5. ^ 武村政春 2015, p. 14-15.
  6. ^ 武村政春 2015, p. 20.