ミヒャエル・ゴットハルト・フィッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミヒャエル・ゴットハルト・フィッシャー
Michael Gotthard Fischer
生誕 1773年6月3日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 エアフルト
死没 (1829-01-12) 1829年1月12日(55歳没)
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 エアフルト
ジャンル クラシック
職業 オルガニスト作曲家

ミヒャエル・ゴットハルト・フィッシャー(Michael Gotthard Fischer[注 1] 1773年6月3日 - 1829年1月12日)は、ドイツオルガニスト作曲家

生涯[編集]

エアフルトアラッハドイツ語版に生まれた。ヨハン・ゼバスティアン・バッハ門下のヨハン・クリスティアン・キッテルに師事する。キッテルの後を継いでエアフルトのPredigerkircheのオルガニストとなり、Barfüßerkircheでもオルガニストとして活躍した。1816年からはエアフルトの教育大学で通奏低音とオルガンを教え、アウグスト・ゴットフリート・リッタールートヴィヒ・エルンスト・ゲプハルディエドゥアルト・グレルらを育てた。痛風により1820年にオルガニストの職を退くことを余儀なくされている。エアフルトにて没した。

作品には数多くの声楽曲、器楽独奏曲、小アンサンブル、大アンサンブルのための楽曲があり、とりわけオルガン作品により知られていた。

主要作品[編集]

  • 12のオルガン小品 (作品4 1802年、エアフルト)(キッテルへ献呈)
  • 初級、中級のための福音的コラール旋律集 (Perthes 1821年、ゴータ)
  • 「訓練および公開礼拝用古典的オルガン作品集 新訂完全版」(9巻) ケルナーによる音楽書、オルガン作品全集 1840年から(この版のコラール旋律集はM.A.G.リッター編)

脚注[編集]

  1. ^ ミドルネームは文献によってGotthardtやGottardと綴られることもある。

参考文献[編集]

  • Moritz Fürstenau (1877), "Fischer, Michael Gotthard", Allgemeine Deutsche Biographie (ADB) (ドイツ語), 7, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 80–81

外部リンク[編集]