ミハル・ドレジャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミハル・ドレジャル
基本情報
フルネーム Michal Doležal
誕生日 (1978-03-11) 1978年3月11日(41歳)
出身地  チェコ
チェコ共和国リベレツ州ヤブロネツ・ナド・ニソウ
選手情報
クラブ Dukla Liberec
ワールドカップ
シーズン 1996年–2007年
優勝回数 0
他の表彰台 0
表彰台獲得数 0
最終更新日:2012年1月8日
テンプレートを表示

ミハル・ドレジャル(Michal Doležal、1978年3月11日 - )は、チェコ共和国リベレツ州ヤブロネツ・ナド・ニソウ出身の元スキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

ドレジャルは1996年2月のスキーフライング世界選手権スキージャンプ・ワールドカップで国際大会にデビューした。

1998年の長野オリンピック代表となり、ノーマルヒル11位、ラージヒルでは2本目に130.5mの大ジャンプを見せて8位となった。

翌シーズンは不調で1999年ノルディックスキー世界選手権ではノーマルヒル31位、ラージヒル34位に終わった。

1999-2000シーズンはザコパネで個人戦自己最高の7位、スキージャンプ週間総合自己最高12位、スキージャンプ・ワールドカップ総合自己最高27位と好調だった。

2001年ノルディックスキー世界選手権ではラージヒル31位、ノーマルヒル38位、ラージヒル団体6位、ノーマルヒル団体7位。2002年ソルトレイクシティオリンピックではノーマルヒル50位、ラージヒル予選落ち、団体12位に終わった。

以後はワールドカップの出場機会も減り、2003年ノルディックスキー世界選手権ノーマルヒル39位、2006-2007シーズン限りで現役を引退した。

出典[編集]