ミハウ・イェジー・ポニャトフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミハウ・イェジー・ポニャトフスキ
グニェズノ大司教、ポーランド首座大司教
Michal Jerzy Poniatowski.jpg
大主教区 グニェズノ
着座 1784年
離任 1794年
個人情報
出生 1736年10月10日
Chorągiew królewska króla Zygmunta III Wazy.svg ポーランド・リトアニア共和国グダンスク
死去 1794年8月12日
Chorągiew królewska króla Zygmunta III Wazy.svg ポーランド・リトアニア共和国ワルシャワ
両親 父:スタニスワフ・ポニャトフスキ
母:コンスタンツィア・チャルトリスカ
子供 ピョトル・マレシェフスキ
紋章 ミハウ・イェジー・ポニャトフスキの紋章
テンプレートを表示

ミハウ・イェジー・ポニャトフスキポーランド語:Michał Jerzy Poniatowskiミーハウ・イェージ・ポニャトーフスキ1736年10月10日 - 1794年8月12日)は、ポーランドの貴族(シュラフタ)。ポニャトフスキ家出身で、1773年からプウォツク司教1784年からグニェズノ大司教及びポーランド首座大司教を務めた。

概要[編集]

1736年、ポーランドのグダニスクで生まれた。父はスタニスワフ・ポニャトフスキで、ポーランド最後の国王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキは兄にあたる。ポーランド国民教育委員会の議長として、卓越した働きをした。1764年11月25日、ポーランド王国白鷲勲爵士を授与。1794年ワルシャワで死去した。


先代:
アントニ・カジミェシュ・オストロフスキ
グニェズノ大司教
ポーランド首座大司教
1784年 - 1794年
次代:
イグナツィ・クラシツキ