ミハイロフスキー劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Spb 06-2012 MichaelTheatre.jpg

ミハイロフスキー劇場 (ロシア語: Михайловский театр、英語: Mikhailovsky Theatre) は、ロシアサンクトペテルブルクにあるオペラとバレエ専用の劇場。1833年に設立。ソビエト連邦時代(1924 - 1991年)はレニングラード国立歌劇場、あるいは単にマールイ劇場(ロシア語で「小劇場」の意)と呼ばれていた。

歴史[編集]

1833年、ロシア帝国の首都サンクトペテルブルクに「帝室ミハイロフスキー劇場」として創設される。1859年に建て替えが行われる。ロシア革命(1917年)までは専属のオペラ、バレエ団をもたず、主に演劇を上演。革命直後の1918年、ロッシーニの「セビリアの理髪師」でオペラ劇場として再出発。創立100周年の1933年、バレエ団を創設した。

名称の変遷[編集]

都市の名称も変わったことから、多様な翻訳名や記述が存在する。(例:レニングラードのマールイ劇場等)

劇場名

  • 1833-1920: ミハイロフスキー劇場(英名: Mikhailovsky Theatre)
  • 1920: (英名: The State Academic Theatre of Comic Opera)
  • 1921-1926: ペトログラード・マールイ劇場(英名: Maly Petrograd State Academic Theatre)
  • 1926-1963: レニングラード・マールイ劇場(英名: Leningrad State Academic Maly Opera Theatre/略称: MALEGOT)
  • 1963-1989: レニングラード国立歌劇場/レニングラード・マールイ劇場(英名: Leningrad State Order of Lenin Academic Maly Opera and Ballet Theatre)
  • 1989-2007: ムソルグスキー記念オペラ・バレエ劇場
  • 2007 - 現在: ミハイロフスキー劇場(英名: Mikhailovsky Theatre

劇場の愛称 サンクトペテルブルクでは、マールイ劇場(ロシア語で「小劇場」の意)の愛称で親しまれている。ちなみに「大劇場」(ボリショイ劇場)はマリインスキー劇場をさす。

都市名

  • 現在の名称:サンクトペテルブルク
  • 別称・旧称等:サンクト・ペテルブルク、ペテルブルク、ペトログラード、レニングラード、サンクト・ピーテルブールフ、セントピーターズバーグ等。

オペラ[編集]

ロシア革命以降、ソビエト連邦国内の著名な指揮者や音楽家が数多く公演した。

著名な初演

バレエ[編集]

団員の多くがマリインスキー・バレエの附属学校(ワガノワ・バレエ・アカデミー)の卒業生であり、ロシア国内でもトップクラスのバレエ団である。 バレエ団員は136名。[1] 日本では、レニングラード国立バレエという以前からの名称で公演している。

歴史

  • 1933年6月13日、劇場附属のバレエ団としてマールイ・バレエ(英名: Maly Ballet)が創設された。
  • 2007年、ミハイロフスキー・バレエ(英名: Mikhailovsky Ballet)へ改称した。

著名な初演

オーケストラ[編集]

団員の多くがサンクトペテルブルク音楽院(旧レニングラード音楽院)の卒業生で、ロシア国内ではトップクラスの楽団である。 日本では、レニングラード国立歌劇場管弦楽団という以前からの名称で公演している。

歴代の音楽監督・首席指揮者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2011年9月現在。プリンシパル7名、第一ソリスト8名、第二ソリスト11名、コリフェ22名、コール・ド・バレエ88名。

関連項目[編集]

  • マールイ劇場 - ロシア語で「小劇場」の意味。様々な都市にこの名前で呼ばれる劇場が存在する。

外部リンク[編集]