ミノ・ライオラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カルミネ・"ミノ"・ライオラCarmine " Mino " Raiola, 1967年11月4日 - )は、イタリアカンパニア州ノチェーラ・インフェリオーレ出身のイタリア系オランダ人サッカーのFIFA公認代理人スポーツエージェント)である。辣腕代理人として知られている。

来歴[編集]

1967年11月4日、イタリアカンパニア州コムーネノチェーラ・インフェリオーレにて生を受ける。1歳のときに、家族とともにオランダハールレムに引越し、両親はそこでイタリア料理店を開いていた[1]。彼はそこで働くとともに、法律学校に通っていた。

1986年に自分の会社を設立し、サッカーの代理人業務に関わっていくことになる。

1996年にパヴェル・ネドヴェドラツィオ移籍を成功させたことで名を上げていく。

イタリア出身であることからセリエAのクラブとコネクションがあり、ルチアーノ・モッジ(元ユヴェントスGM)、アドリアーノ・ガッリアーニ(元ACミランGM)といった大物との関わりがある。

主な顧客[編集]

参照[編集]

  1. ^ https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/wfootball/2016/11/16/post_1166/index_2.php