ミノ・ライオラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カルミネ・"ミノ"・ライオラCarmine " Mino " Raiola, 1967年11月4日 - )は、イタリアカンパニア州ノチェーラ・インフェリオーレ出身のイタリア系オランダ人サッカーのFIFA公認代理人スポーツエージェント)である。同業のジョルジュ・メンデスと共にサッカー界にもっとも影響力のある代理人の一人として知られている。

来歴[編集]

1967年11月4日、イタリアカンパニア州サレルノ県ノチェーラ・インフェリオーレにて生を受ける。1歳のときに、家族とともにオランダハールレムに移住、両親はそこでイタリア料理店を開業し[1]、ミノもそこで働きながら、法律学校に通って法学の他に7ヵ国語(イタリア語、オランダ語、英語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語)に精通する。また当時は地元のHFCハールレムに所属していたがサッカー選手として大成することなく、18歳で現役引退。

その後は不動産業など実業家として活動しつつ、ハールレムの育成部門テクニカルディレクター職、後のスポーツディレクターを経て1986年に自分の会社を設立し、サッカーの代理人業務に関わっていくことになる。堪能な語学を生かして選手組合からの依頼を受けてオランダ市場の海外担当者となって、ブライアン・ロイデニス・ベルカンプの国外移籍に携わる。

飛躍となったのは1996年にパヴェル・ネドヴェドラツィオ移籍を成功させたことで、一挙に名声を高める。

また顧客のポール・ポグバの2012年のユヴェントス移籍に際しては、フリーで移籍させる条件としてユヴェントス側と「次回、ポグバが5000万ユーロ以上の移籍金で移籍する際はその45%を手数料として受け取る」という契約を結んでおり、ポグバの2016年のマンチェスター・ユナイテッド移籍は当時歴代最高額の8900万ポンド(当時のレートで約130億円)に及び、ミノは4100万ポンド(当時のレートで約58億円)の手数料および別途の報酬を受け取ったと報じられている[2]

イタリア出身であることからセリエAのクラブとコネクションがあり、ルチアーノ・モッジ(元ユヴェントスGM)、アドリアーノ・ガッリアーニ(元ACミランGM)といった大物との関わりがある。

また辣腕な反面、強引な手法、時には自らが顧客の所属クラブや監督を批判することもあり、過去に選手の移籍で揉めたアレックス・ファーガソンやACミランから批判もされている。

主な顧客[編集]

現役選手[編集]

現役引退した選手[編集]

参照[編集]

  1. ^ https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/wfootball/2016/11/16/post_1166/index_2.php
  2. ^ “ポグバ移籍で60億円ゲット?ミーノ・ライオラ代理人って何者なのか”. Qoly. (2017年5月11日). http://qoly.jp/2017/05/11/who-is-mino-raiola-kgn-1 2018年1月20日閲覧。