ミネルヴァのフクロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フクロウを左手に持つミネルウァ像。大理石2世紀ルーヴル美術館蔵。

ミネルヴァのフクロウは、ローマ神話女神ミネルウァ(ミネルヴァ、ミネルバ)が従えているフクロウであり、知恵の象徴とされる[1]

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルが『法の哲学』(1821年)の序文で「ミネルバのふくろうは迫り来る黄昏に飛び立つ」(ドイツ語: die Eule der Minerva beginnt erst mit der einbrechenden Dämmerung ihren Flug)と述べたことはよく知られている[1][2]

関連項目[編集]

ミネルヴァの梟:2020年公開の日本映画

脚注[編集]

紀元前5世紀アテナイテトラドラクマ銀貨。左がアテーナー(後代のミネルウァ)女神、右がフクロウ。
[脚注の使い方]