ミネラーリヌィエ・ヴォードィ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミネラーリヌィエ・ヴォードィ空港
Аэропорт Минеральные Воды
Mineralnye Vody Airport
Mineralnye Vody Airport.JPG
空港ターミナルビル
IATA: MRV - ICAO: URMM
概要
国・地域 ロシアの旗 ロシア
所在地 ミネラーリヌィエ・ヴォードィ
種類 公共
所有者 スタヴロポリ地方政府
運営者 ノヴァポート
標高 321 m (1,053 ft)
座標 北緯44度13分30秒 東経43度04分55秒 / 北緯44.22500度 東経43.08194度 / 44.22500; 43.08194座標: 北緯44度13分30秒 東経43度04分55秒 / 北緯44.22500度 東経43.08194度 / 44.22500; 43.08194
公式サイト 公式ウェブサイト
地図
ロシア国内での空港位置
ロシア国内での空港位置
MRV
ロシア国内での空港位置
ロシア国内での空港位置
MRV
ロシア国内での空港位置
ロシア国内での空港位置
MRV
ロシア国内での空港位置
ロシア国内での空港位置
MRV
ロシア国内での空港位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
12/30 3,900×45 コンクリート
統計
旅客数 2 408 000
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ミネラーリヌィエ・ヴォードィ空港:Аэропорт Минеральные Воды、:Mineralnye Vody Airport)は、ロシア連邦北カフカース連邦管区スタヴロポリ地方ミネラーリヌィエ・ヴォードィにある空港である。

ミネラーリヌィエ・ヴォードィ市街地からは4㎞離れている。

空港の西側にはターミナルと41のスポットがあり、反対側の東にはツポレフTU-154の整備場がある。

沿革[編集]

2014年から、トランスエアロ航空モスクワへの便にボーイング747‐400を導入していた、この7472020年現在も当空港に降り立った最大の機材である。

2015年10月25日トランスエアロ航空経営破綻ロシア当局による運航許可停止を受けてすべての運航を停止した。

そのため当空港へのトランスエアロ航空便は全てロシア航空アエロフロートロシア航空に引き継がれた、この際747運航便は無くなった。

2016年6月、ノヴァポートはアエロインヴェストからミネラーリヌィエ・ヴォードィ空港を買収する事を決定した。[1]

就航航空会社と就航都市[編集]

国内線[編集]

航空会社 就航地
アエロフロート・ロシア航空 モスクワ/シェレメーチェヴォ
アジムート航空 アストラハンチェリャビンスクカルーガロストフ・ナ・ドヌ[2]
イルアエロ サラトフ[3]
ノードスター モスクワ/ドモジェドヴォノリリスク[4]
ノードウィンド航空 モスクワ/シェレメーチェヴォサンクトペテルブルク[5]
ポベダ ペルミサンクトペテルブルクエカテリンブルク[6]
ロシア航空 サンクトペテルブルク
ロスライン ブリャンスククルスクニジネカムスク[7]
S7航空 モスクワ/ドモジェドヴォノボシビルスク
セヴァスタル・エア・カンパニー チェレポヴェツ
ウラル航空 モスクワ/ドモジェドヴォエカテリンブルク[8]
ヤクティア航空 モスクワ/ヴヌーコヴォ[9]
ヤマル航空 ロストフ・ナ・ドヌチュメニ
UTエアー マハチカラモスクワ/ヴヌーコヴォソチスルグトチュメニ

ヴォルゴグラード[10]

駐機中のツポレフTU-154

国際線[編集]

航空会社 就航地
エア・カンパニー エレバン
ブタ航空 バクー[11]
エリン・エア テッサロニキ
フライドバイ ドバイ(季節運航便)[12]
ノードウィンド航空 アンタルヤ
ペガサスフライ エレバンモナスティル(季節運航便)
ペガサス航空 イスタンブール
ポベダ カザン
SCAT航空 アクタウヌルスルタン[13]
ウラル航空 テルアビブ[14]
ウズベキスタン航空 タシュケント
UTエアー テルアビブ

アクセス[編集]

空港に降り立ったドミートリー・メドヴェージェフ首相(2012年6月18日撮影)

公共交通アクセス[編集]

市街地にマルシュルートカバスが通じている。

自動車交通アクセス[編集]

市街地に幹線道路のE-50とE-117が通じている。

事故[編集]

1953年10月21日アエロフロートロシア航空525便(リストフLi-2)が天候不良で墜落[15]

1962年12月31日アエロフロート・アルメニア航空イリューシンIL-18着陸複行中に墜落。乗客乗員119人中32人が死亡。[16]

1972年2月27日アエロフロートロシア航空アントノフAN-24が操縦不能になり墜落[17]

1977年2月15日アエロフロートロシア航空5003便(イリューシンIL-18)が離陸中墜落。乗客乗員98人中77人死亡。[18]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Businessman Roman Trotsenko bought two Russian airport – World News, Breaking News” (英語). 2020年2月16日閲覧。
  2. ^ AZIMUTH schedules new routes from late-Sep 2019” (英語). Routesonline. 2020年2月16日閲覧。
  3. ^ Озвучены графики вылетов из саратовского аэропорта в Сочи и Симферополь — Регион 64” (ロシア語). sarnovosti.ru. 2020年2月16日閲覧。
  4. ^ NordStar Plans to Add New Moscow Domodedovo Routes from late-Oct 2015” (英語). Routesonline. 2020年2月16日閲覧。
  5. ^ Index”. agency.pegast.ru. 2020年2月16日閲覧。
  6. ^ Pobeda expands domestic network Sep/Oct 2018” (英語). Routesonline. 2020年2月16日閲覧。
  7. ^ RusLine adds new domestic routes in 4Q19” (英語). Routesonline. 2020年2月16日閲覧。
  8. ^ "Уральские авиалинии" будут летать из Москвы в Минеральные Воды” (ロシア語). Travel.ru. 2020年2月16日閲覧。
  9. ^ Yakutia W19 Domestic network additions” (英語). Routesonline. 2020年2月16日閲覧。
  10. ^ UTair adds Mineralnye Vody – Tel Aviv service from late-Nov 2018” (英語). Routesonline. 2020年2月16日閲覧。
  11. ^ Buta Airways preliminary operation from Sep 2017” (英語). Routesonline. 2020年2月16日閲覧。
  12. ^ Flydubai будет летать из Дубая в Сочи, но приостановит ряд других российских линий на лето” (ロシア語). Travel.ru. 2020年2月16日閲覧。
  13. ^ SCAT adds new routes in S17” (英語). Routesonline. 2020年2月16日閲覧。
  14. ^ Ural Airlines adds Mineralnye Vody – Tel Aviv flight from Oct 2017” (英語). Routesonline. 2020年2月16日閲覧。
  15. ^ Ranter, Harro. “ASN Aircraft accident Lisunov Li-2 CCCP-L4890 Mineralnye Vody Airport (MRV)”. aviation-safety.net. 2020年2月16日閲覧。
  16. ^ Ranter, Harro. “ASN Aircraft accident Ilyushin Il-18V CCCP-75757 Mineralnye Vody Airport (MRV)”. aviation-safety.net. 2020年2月16日閲覧。
  17. ^ Ranter, Harro. “ASN Aircraft accident Antonov An-24B CCCP-46418 Mineralnye Vody Airport (MRV)”. aviation-safety.net. 2020年2月16日閲覧。
  18. ^ Ranter, Harro. “ASN Aircraft accident Ilyushin Il-18V CCCP-75520 Mineralnye Vody Airport (MRV)”. aviation-safety.net. 2020年2月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]