ミネット・ウォルターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミネット・ウォルターズ
(Minette Walters)
MWalters1.jpg
Minette Walters 2006
誕生 1949年9月26日
イギリスの旗 ハートフォードシャー、ビショップズ・ストートフォード
職業 作家
国籍 イギリスの旗 イギリス
活動期間 1992年 -
ジャンル 推理小説
代表作 『氷の家』(1992年)
『女彫刻家』(1993年)
『鉄の枷』(1994年)
主な受賞歴

CWA最優秀新人賞
1992年 氷の家
エドガー賞 長編賞
1994年 女彫刻家

ゴールド・ダガー賞
2003年 病める狐
デビュー作 『氷の家』
公式サイト Minette Walters Official website
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ミネット・ウォルターズMinette Walters1949年9月26日 - )はイギリスの女流推理小説家

略歴[編集]

イングランドハートフォードシャー、ビショップズ・ストートフォードで将校サミュエル・ジェブと妻コリーンとの間に出生、彼女の人生の最初の10年はイギリス各地の陸軍基地を移動するのに費やされた。少女期には読書好きの母親の影響で、禁止されているにも拘らず押入れに篭ってまで犯罪小説や事件・裁判の記事などを読みふけったという。1960年に腎不全で父親を亡くしてからは、ソールズベリーのゴドルフィン寄宿学校での奨学金を給付されるようになるまで、バークシャーのアベィ・スクールで1年間を読書三昧で過ごした。

寄宿学校から大学入学までの間、1968年には The Bridge in Britain のボランティアに参加、イスラエルエルサレムに行き、キブツや少年院で実習する。後、ダラム大学トレベリアン校でフランス語を専攻し、1971年に卒業。

1972年に編集助手として「IPC Magazines」に入社し、翌年「Woman's Weekly Library」の編集者となる。余暇に恋愛小説や短編あるいは連載物を書くことで少ない給料を補った。1977年にはフリーランサーとなるが、 彼女自身の請求書を決済できるように雑誌社のために書き続けた。大学で出会ったアレク・ウォルターズと1978年に結婚、2人の息子、ローランドおよびフィリップをもうける。

2年半をかけた処女長編小説『氷の家』(原題:Ice House )は多くの出版社に拒否されたが、1992年、マクミラン・パブリッシャーズが1250ポンドでこれを買い出版する。たちまち英国推理小説作家協会(CWA)ジョンクリーシー賞を受賞、11の海外出版社もこれに飛びついた。次の2冊の作品『女彫刻家』(原題:The Sculptress )でエドガー賞 長編賞を、『鉄の枷』(原題:The Scold's Bridle )でCWAゴールド・ダガー賞をそれぞれ獲得、彼女は最初の3冊で3つの主要な賞を勝ち取った初めての推理小説家となった。

作品リスト[編集]

長編[編集]

# 邦題 原題 刊行年
イギリスの旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗
1 氷の家 The Ice House 1992年 1995年02月 成川裕子 創元推理文庫
2 女彫刻家 The Sculptress 1993年 1995年07月
3 鉄の枷 The Scold's Bridle 1994年 1996年11月
4 昏い部屋 The Dark Room 1995年 1999年09月
5 囁く谺 The Echo 1997年 2002年04月
6 破壊者 The Breaker 1998年 2011年12月
7 蛇の形 The Shape of Snakes 2000年 2004年07月
8 遮断地区 Acid Row 2001年 2013年02月
9 病める狐 Fox Evil 2002年 2007年07月
10 Disordered Minds 2003年
11 悪魔の羽根 The Devil's Feather 2005年 2015年05月 成川裕子 創元推理文庫
12 The Chameleon's Shadow 2007年

短編[編集]

  • 火口箱 The Tinder Box' (1999) - 『創元推理19 夢のような探偵小説について』所載
  • Chickenfeed (2006)

受賞・ノミネート歴[編集]

英語圏
非英語圏

外部リンク[編集]