ミネアポリス連邦準備銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミネアポリス連邦準備銀行

ミネアポリス連邦準備銀行(ミネアポリスれんぽうじゅんびぎんこう、Federal Reserve Bank of Minneapolis)は、アメリカ合衆国連邦準備銀行のひとつ。ミネソタ州ミネアポリスに本店を置き、モンタナ州ヘレナに支店を構える。現在の総裁は、ニール・カシュカリ(Neel Kashkari、第13代総裁、2016年1月1日 - )である。[1]管轄は第9地区で、ウィスコンシン州北西部、サウスダコタ州ノースダコタ州ミシガン州の一部、ミネソタ州モンタナ州が含まれる。12行ある連邦準備銀行のなかで、面積上は3番目の広さ、人口ベースでは834万9261人(2000年時点)と最も少ない。

地元のミネソタ大学経済学部と強い結びつきを持ち、ノーベル賞受賞経済学者のエドワード・プレスコットも両者に長く関わりを持つ。

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]