ミニ独立国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミニ独立国(ミニどくりつこく)は、日本国内において地域振興や自然保護運動の手段として「建国」された架空の国家である。

概要[編集]

地方自治体商工会観光協会などが主体となって運営していることが多い。1977年昭和52年)8月に「独立宣言」をした新邪馬台国大分県宇佐市)が第1号[1]

東北地方の小さな村が突如日本から独立するという1981年(昭和56年)に刊行された井上ひさしの小説『吉里吉里人』がヒット。1982年(昭和57年)、小説の舞台と同名の吉里吉里という地区を抱える岩手県大槌町が、町おこしの一環として「吉里吉里国」として独立宣言する。これをきっかけにミニ独立国の建国が相次ぎ、ミニ独立国ブームが起こり、最盛期には200カ国を数えた。1986年(昭和61年)にはミニ独立国オリンピックが銀杏連邦東京都八王子市)で開かれ、テレビのゴールデンタイムで放送されるなどの盛り上がりを見せたが、乱立によりインパクトが無くなったこと、後発国の無計画性などで飽きられ、ブームは沈静化した。1990年代から財政難や運営主体となっていた自治体の合併、「国家元首」や「国民」の高齢化などさまざまな理由で減少し、2000年代に活動しているミニ独立国は50カ国に満たないといわれる。

ミニ独立国国際連合[編集]

ミニ独立国国際連合(ミニどくりつこくこくさいれんごう)は、ミニ独立国同士の交流を目的に発足。年1回、ミニ独立国サミットと称する国連総会を開催している。吉里吉里国とサミットを開催した国が常任理事国となっている[2]

1983年(昭和58年)に、第1回ミニ独立国サミット(USAサミット)が大分県宇佐市の新邪馬台国で開かれた。1984年(昭和59年)までは年2回、1985年(昭和60年)からは毎年1回開催されている[2]

ミニ独立国の一覧[編集]

※ 日本国内にあるミニ独立国すべてを網羅したものではないことに留意

参照[編集]

  1. ^ サントリー地域文化賞 地域別受賞者一覧 新邪馬台国”. サントリー文化財団 (1999年11月). 2016年12月22日閲覧。
  2. ^ a b ミニ独立国国際連合”. ツチノコ共和国. 2016年12月22日閲覧。
  3. ^ ニコニコ共和国の観光戦略”. 岳温泉 陽日の郷あづま館 (2006年8月22日). 2012年12月22日閲覧。
  4. ^ 大和市のあゆみ(年表)市制施行以後 (PDF)”. 大和市. p. 5. 2012年12月22日閲覧。
  5. ^ 第17回合併協議会会議録 (PDF)”. 松任・石川広域合併協議会. p. 7 (2004年8月20日). 2012年12月22日閲覧。
  6. ^ 西さがみ連邦共和国|小田原市 小田原市
  7. ^ 大正デモクラシー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]