ミニライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ミニライト(MINILITE)はイギリス発祥のアルミホイールブランドであり、トラディッショナルな8スポークが特徴的なアルミホイールである。

日本での販売元は、(株)ショーダクリエイティブであり、本社は群馬県太田市。

ミニ (BMW)用のみならず、現在、ダイハツの純正用品として、軽自動車用としても販売されている。

また、軽自動車用としては、量産車のラインナップとして、ダイハツのミラジーノスバル・ヴィヴィオのビストロにも、採用された実績がある。

沿革[編集]

  • 1963年 - インペリアル・カレッジ・ロンドンを卒業したエレクトリック・エンジニアのデリック・パワーが33歳の時、ジョン・フォードと共に、ロンドンにテック・デル社を創業。その年、ミニライトのプロトタイプが誕生し、プロダクションモデルはダイキャストで生産された。
  • 1964年 - デリックとジョンはアメリカにもミニライトホイールの大きな市場が存在する事を実感し、米国進出。特にルーツ・グループクライスラー・グループ)のサンビーム・タイガー英語版にはミニライトが絶大な人気であった。
  • 1967年 - セールスの68%が海外輸出となり、10、12、13、14、15インチそしてセンターロックが中心であった。また、鍛造ワンピースホイールを製作。米国の SEMA Showにて、技術革新大賞受賞。同年、1967年にモンテカルロラリーでミニライトを装着したミニが優勝したことにより、一躍世界的に知られることになる。
  • 1968年 - 3台のミニがアクロバットを演じる映画「ミニミニ大作戦 (1969年の映画)」でもミニライトホイールが使用される。また、イギリスのパトカーにも採用され、ローバーのパトカーにはアルミのミニライトスポーク・ホイールが装着される

外部リンク[編集]