ミナミウミカワウソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミナミウミカワウソ
ミナミウミカワウソ
ミナミウミカワウソ Lutra felina
保全状況評価[a 1][a 2]
ENDANGERED

(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書I

分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: イタチ科 Mustelidae
亜科 : カワウソ亜科 Lutrinae
: カワウソ属 Lutra
: ミナミウミカワウソ L. felina
学名
Lutra felina Molina, 1782
和名
ミナミウミカワウソ
英名
Chingungo
Marine otter
Sea cat

ミナミウミカワウソLutra felina)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)イタチ科カワウソ属に分類される食肉類。

分布[編集]

チリペルー[1][2][3][4][a 2]

絶滅した分布域[編集]

アルゼンチン[2][3]

形態[編集]

体長50-60cm[4]。尾長30-37cm[4]体重3.2-5.8kg[1][4]。背面の毛衣は濃褐色で[2]、上毛の先端は明色[1][3][4]。腹面の毛衣は淡黄褐色や灰褐色で[2][4]、頬や顎、喉は明色[1][3]

吻端にある体毛が無く露出した板状の皮膚(鼻鏡)の上縁は直線的[4]か丸みを帯びる[1][3]。水かきの下面には体毛が点在する[1][3]

生態[編集]

岩礁海岸などに生息する[1][4]昼行性だが[4]、午前中は陸上で休む[1]。単独もしくは3頭までの家族群[1]を形成し生活する[4]

食性は動物食で、主に甲殻類を食べるが貝類魚類も食べると考えられている[1][3][4]。水中で獲物を捕食する[1]

繁殖形態は胎生。妊娠期間は60-120日[4]。岩の割れ目などで、チリの個体群は9-10月に1回に2頭[3]の幼獣を産む[1][4]

人間との関係[編集]

生息地では食用とされたり、毛皮が利用される事もあった[2]

海洋汚染、毛皮目的の乱獲[1][3]、漁業による混獲などにより生息数は減少している[4]。生息地では法的に保護の対象とされているが、密猟・密輸される事もある[4]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 今泉忠明 『絶滅野生動物の事典 4版』、東京堂出版2003年、33-34頁。
  2. ^ a b c d e 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編『動物大百科1 食肉類』、平凡社1986年、139、145頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』、東京動物園協会、1991年、51頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社2001年、32、154頁。

外部リンク[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ a b The IUCN Red List of Threatened Species
    • Alvarez, R. & Medina-Vogel, G. 2008. Lontra felina. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.1.