ミッシング・デイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミッシング・デイ
Reclaim
監督 アラン・ホワイト
脚本 カーマイン・ガエータ
ルーク・デイヴィス英語版
製作 ブライアン・エティング英語版
ジョシュ・エティング
フレドリク・マルンベリ
ゲイリー・ハミルトン
シルヴィオ・ムラグリア
マイク・ガブラウィ
イアン・サザーランド
ロバート・ルケティック
出演者 ライアン・フィリップ
ジャッキー・ウィーヴァー
ラシェル・ルフェーブル
ジョン・キューザック
音楽 イニョン・ズール英語版
撮影 スコット・キーヴァン
編集 ドゥービー・ホワイト
スコット・D・ハンソン
製作会社 Asia Tropical Films
Beijing Shuijing Shenlan International Media Co.
Garlin Pictures
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 プレシディオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年9月19日
日本の旗 2015年4月4日
上映時間 96分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
マレーシアの旗 マレーシア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ミッシング・デイ』(Reclaim)は、2014年中国マレーシアアメリカ合衆国スリラー映画。監督はアラン・ホワイト、出演はライアン・フィリップラシェル・ルフェーブルジョン・キューザックなど。養子縁組を望むアメリカ人夫婦と彼らから大金を巻き上げようとする詐欺集団との戦いを描いている[1]

アメリカ合衆国では2014年9月19日から一部劇場での限定公開と、ビデオ・オン・デマンドによる配信が行われた[2]

ストーリー[編集]

南米プエルトリコ養子縁組のためにこの地を訪れたスティーヴンとシャノンの夫婦は、ニーナという少女を養子に迎え入れることになった。夫婦とニーナはすぐに打ち解け合い、血の繋がった親子のような幸せな時間を過ごしていた。だが、突然ニーナが姿を消してしまう。必死に探す夫婦だったが、そこで地元警察から驚くべきことを知らされる。なんと養子縁組業者は架空のもので、今回の養子縁組は「リクレイム」と呼ばれる詐欺集団が夫婦から大金を騙し取るために計画した新手の詐欺だったのだ。怒りに震える夫婦は、犯人を追い詰めようと独自に調査を開始するが、そこで詐欺集団のボスであるベンジャミンに見つかり、シャノンは人質に取られ、スティーヴンは彼女を助けるために新たに大金を用意するよう脅しを受けるのだった。スティーヴンは妻であるシャノンと、組織に犯罪の道具にされているニーナを救い出すため、決死の行動に打って出る。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、10件の評論のうち高評価はなく、平均点は10点満点中2.9点となっている[3]Metacriticによれば、7件の評論のうち、高評価はなく、賛否混在は3件、低評価は4件で、平均点は100点満点中26点となっている[4]

出典[編集]

  1. ^ ミッシング・デイ”. WOWOW. 2021年3月10日閲覧。
  2. ^ Davis, Edward (2014年9月15日). “Watch: Rachelle Lefevre Gets Scammed In Clip From Thriller 'Reclaim'” (英語). IndieWire. https://www.indiewire.com/2014/09/watch-rachelle-lefevre-gets-scammed-in-clip-from-thriller-reclaim-272300/ 2014年9月21日閲覧。 
  3. ^ Reclaim (2014)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年3月10日閲覧。
  4. ^ Reclaim Reviews” (英語). Metacritic. 2021年3月10日閲覧。

外部リンク[編集]