ミッキーの漂流記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミッキーの漂流記
Mickey's Man Friday
監督 デイヴィッド・ハンド
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 ウォルト・ディズニー
音楽 フランク・チャーチル
バート・ルイス
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1935年1月19日
上映時間 約8分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ミッキーの二挺拳銃
次作 ミッキーの大演奏会
テンプレートを表示

ミッキーの漂流記』(ミッキーのひょうりゅうき、原題:Mickey's Man Friday)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が制作したアニメーション短編映画作品。ミッキーマウス・シリーズの一作品である。

あらすじ[編集]

海原を船で行くミッキーは、ある孤島にたどり着く。そこでなにやら聞こえてきた太鼓の音、怪しい音楽。ミッキーが音のするほうへ行ってみると、島の人食い族達が仲間の1人を生贄にし、煮えたぎる湯の中へ落とそうとしている場面を目撃してしまう。ミッキーは乗ってきた船の部品で変装して人食い族達を脅かし追い払い、生贄を助ける。ミッキーは生贄だった男に自分の使用人(フライデー)になってほしいと言い、2人はすぐに打ち解けた。ミッキーとフライデーは、戻ってくるであろう人食い族たちに対抗するためにを築き始める。

砦は完成し、ミッキーとフライデーが握手を交わす。そこに、先ほどの人食い族が戻り、襲い掛かってきた。ミッキーとフライデーはあらかじめ用意しておいた数々の武器と罠で対抗するものの、大勢いる人食い族達を押さえ込むことはできず、2人はリフトで砦を脱出する。リフトのロープを切られるもなんとかミッキーが乗ってきた船までたどり着いた2人は、船を出帆させた。人食い族はもう追ってこない。果物を大量に積んだ船に乗り、ミッキーとフライデーは揚々と島を離れていくのだった。

スタッフ[編集]

登場キャラクター[編集]

外部リンク[編集]