ミソガワソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミソガワソウ
Nepeta subsessilis 4.JPG
岩手県早池峰山 2014年8月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: イヌハッカ属 Nepeta
: ミソガワソウ N. subsessilis
学名
Nepeta subsessilis Maxim.[1]
シノニム
  • Nepeta subsessilis Maxim. var. yesoensis Franch. et Sav.[2]
  • Nepeta yesoensis (Franch. et Sav.) Probat.[3]
和名
ミソガワソウ(味噌川草)[4][5]

ミソガワソウ(味噌川草、学名:Nepeta subsessilis )は、シソ科イヌハッカ属多年草[4][5][6][7]

特徴[編集]

は四角形で、枝分かれしないで直立し、高さは50-100cmになり、細毛が生える。は対生し、長さ2-10mmの短い葉柄があり、葉身は広卵形から広披針形で、長さ6-14cm、幅2.5-8cmになる。葉先は細くとがり、縁には鈍い鋸歯があり、葉の両面にまばらに細かい毛が生える[4][5][6][7]。葉をもむと独特の臭気がする[7]

花期は7-8月。茎の上部の葉腋ごとに数個のをつける。は緑色の筒形で、長さは8-10mmになり、5裂して裂片は線状披針形になり、先が鋭くとがる。花冠は紫色で、長さ25-30mmになり、唇形で筒部が長くふくらみ、上唇は浅く2裂し、下唇は3裂して中央裂片に紫色の斑点がある。雄蕊は4個あり、上側の2個が長い。果実は4個の分果で、やや扁平な3稜形になり、分果の長さは約2.8mmになる[4][5][6][7]

分布と生育環境[編集]

日本固有種[8]。北海道、本州の中部地方以北・奈良県、四国の石鎚山に分布し、亜高山帯の草地や深山の渓流沿いなどに生育する[4][5][6][7]。群生することが多い[5]

名前の由来[編集]

味噌川草の意味で、木曽川の源流部である長野県の味噌川に由来する[5][6][7]。種小名の subsessilis は、「無柄に近い」の意味[7]

ギャラリー[編集]

下位分類[編集]

  • シロバナエゾミソガワソウ Nepeta subsessilis Maxim. f. albiflora Tatew. [9] - 白花品種

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミソガワソウ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ ミソガワソウ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ ミソガワソウ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  4. ^ a b c d e 『山溪ハンディ図鑑8 高山に咲く花』p.122
  5. ^ a b c d e f g 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.422
  6. ^ a b c d e 『日本の野生植物草本III合弁花類』p.88
  7. ^ a b c d e f g 『新牧野日本植物圖鑑』p.640,p.1349
  8. ^ Nepeta subsessilis, Royal Botanic Gardens, Kew
  9. ^ シロバナエゾミソガワソウ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)

参考文献[編集]