ミス・ジャパン (株式会社HDR)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミス・ジャパンは、株式会社HDRが2019年から創設したミス・コンテスト

株式会社HDRは、繊維製品製造販売、催事企画制作、太陽光発電事業、乗馬クラブの運営、コンサルティング業務、ソフトウェアの開発の事業を行う会社[1]

もともと株式会社HDRは、2013年から『ミス・ユニバース・ジャパン』の運営ライセンス権を取得していた[要出典]。2017年にライセンス権が切れて[2]、2019年から新たなミス・コンテスト『ミス・ジャパン』を創設した。同時に『ミス・アース・ジャパン』の協催、『ミスター・ジャパン』の主催も兼務している[3][4]

世界大会はなく優勝賞金は1,000万円[3][5]。現在存在するミスコンで最高額の賞金[要出典]である。たびたび『ミス日本』と間違えられるが、全く関係ないミス・コンテストである。

2022年度より、コンテスト応募条件の緩和により、「独身であれば、結婚・出産歴は不問」となり、独身女性誰もが応募できるようになっただけではなく、今までの「ミス・ジャパン」以外にも、年齢制限が30歳以上の「ミス・ジャパン・プレミアム」、18歳以下が応募できる「ミス・ジャパン・ティーン」と、カテゴリーが拡大された。

受賞者[編集]

開催年 氏名 出身地 受賞当時の職業
2019年 土屋炎伽[3] 東京 チアリーダー
2020年 小川千奈 岩手 岩手医大学生
2021年 小山麻菜 神奈川 ダンサー

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]