ミス・シェパードをお手本に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミス・シェパードをお手本に
The Lady in the Van
監督 ニコラス・ハイトナー
脚本 アラン・ベネット
原作 アラン・ベネット
The Lady in the Van
製作 ケヴィン・ローダー
ニコラス・ハイトナー
ダミアン・ジョーンズ英語版
製作総指揮 クリスティーン・ランガン
エド・ウェザレッド
チャールズ・ムーア
マイルズ・ケットリー
出演者 マギー・スミス
アレックス・ジェニングス英語版
ジム・ブロードベント
フランシス・デ・ラ・トゥーア
ロジャー・アラム英語版
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 アンドリュー・ダン英語版
編集 タリク・アンウォー
製作会社 BBCフィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス/トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 ハーク
公開 カナダの旗 2015年9月12日(トロント国際映画祭
イギリスの旗 2015年11月13日
日本の旗 2016年12月10日
上映時間 104分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス[2]
言語 英語
製作費 $6,000,000[3]
興行収入 世界の旗 $41,400,000[4]
テンプレートを表示

ミス・シェパードをお手本に』(ミスシェパードをおてほんに、The Lady in the Van)は、2015年イギリスコメディドラマ映画。

イギリスの劇作家アラン・ベネットが、自身が体験した出来事を元に作成した舞台劇を、ベネット本人が脚本を務めて映画化した作品。監督はニコラス・ハイトナー。主演は舞台でも同役を務めたマギー・スミスアレックス・ジェニングス英語版

第40回トロント国際映画祭にて特別上映がなされた[5]

ストーリー[編集]

ロンドンのカムデン・タウンはグロスター・クレセント通り23番地に居を構える劇作家のベネットは、壊れかけのバンで寝泊まりするホームレスの老婆ミス・シェパードを気にかけ、周囲の心配をよそに自宅の一角を提供した。 その結果、ミス・シェパードは15年もそこに居ついてしまい、ベネットは彼女の偏屈さに振り回されつつも、その人生に興味を抱くようになった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 オンデマンド配信版
ミス・シェパード マギー・スミス 谷育子
アラン・ベネット アレックス・ジェニングス英語版 内田直哉 多田野曜平
アンダーウッド警官 ジム・ブロードベント 森功至 あべそういち
ヴォーン・ウィリアムズ夫人 フランシス・デ・ラ・トゥーア 仲村かおり 伊沢磨紀
ルーファス ロジャー・アラム英語版 藤吉浩二 羽田真

脚注[編集]

  1. ^ THE LADY IN THE VAN (12A)”. 全英映像等級審査機構 (2015年7月20日). 2017年8月27日閲覧。
  2. ^ The Lady in the Van (2015)”. British Film Institute. 2017年8月27日閲覧。
  3. ^ Sharon Feinstein (2014年10月26日). “Downton dowager is happy on tramp’s pay”. The Sunday Times. 2017年8月27日閲覧。
  4. ^ The Lady in the Van (2015)”. Box Office Mojo. 2017年8月27日閲覧。
  5. ^ Kay, Jeremy (2015年7月28日). “Toronto to open with 'Demolition'; world premieres for 'Trumbo', 'The Program' | News | Screen”. Screendaily.com. 2017年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]