ミス・アース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミス・アース
標語 Beauties for a Cause
設立 2001年
種類 ミス・コンテスト
本部 フィリピンの旗 フィリピン マニラ
公用語 英語
President Ramon Monzon
重要人物 Lorraine Schuck
ウェブサイト www.missearth.tv
テンプレートを表示

ミス・アース(Miss Earth)は、国際的なミス・コンテストである[1]

概要[編集]

フィリピンのカルーセル・プロダクションとフィリピンを代表するテレビ局ABS-CBNが主催するミス・コンテストである[2]。世界大会は毎年11月に開催されており、その開催地は2010年及び2015年を除きすべてフィリピン国内である。なお、カルーセル・プロダクションは国内大会のミス・フィリピン・アースも運営している。

ミス・ワールドミス・ユニバースミス・インターナショナルと並ぶ世界四大ミスコンテストのひとつにも挙げられる[3][リンク切れ]ABS-CBNとFOXライフでテレビ中継される。[要出典]

大会の順位には、優勝のミス・アースのほかに、第2位のミス・エア(空)、第3位のミス・ウォーター(水)、第4位のミス・ファイヤー(火)がある。ミス・アース・ジャパンエリアパートナー本部は、これらは地球が持つ空気と水と火のエネルギーの大切さを訴えたものであると説明している[4]

2021年にはベトナムのラムドン省で「ミス・アース・ベトナム」が初開催された[5]

批判と問題点[編集]

1. スポンサーによるセクシャルハラスメントの告発[編集]

2018年、ミス・アース・カナダ、ミス・アース・イングランド、ミス・アース・グアムが、スポンサーがコンテスト出場者を繰り返し自宅に誘ったり、ルームナンバーを尋ねたりする等のセクシャルハラスメントがあったと告発[6][7][8]。このスポンサーは疑惑を否定したものの、コンテストから永久追放された[9][10]

2. 出場後のパーティでのキャバクラまがいの接待[編集]

2023年3月、日本の共同通信は、ミス・アース東北大会の終了後の全員参加のパーティで出場者がキャバクラまがいの接待をさせられた[11]

3. 国際連合やUNウィメンとのパートナーシップの虚偽表示[編集]

また、ミス・アース世界大会の公式ウェブサイトが、国際連合UNウィメン世界自然保護基金のロゴを無許可で「パートナーシップ」として掲載していると報じた[11]

4. 出来レースの疑い[編集]

運営側から、コンテスト出場者本人とは関係のない県の代表として出るよう言われたことから出来レースの疑いが指摘されている[12]

歴代のミス・アース[編集]

開催地の国は特記のないものはフィリピンでの開催。

ミス・アース 国・地域 開催地 会場
2001年 カテリナ・スベンソン  デンマーク ケソンシティ U.P.ケソン・シアター
2002年 ジャラ・グラボビッチ(剥奪) ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ ケソンシティ 民俗芸術劇場
ウィンフレッド・オムワカウェ  ケニア
2003年 ダニア・プリンス ホンジュラスの旗 ホンジュラス ケソンシティ U.P.ケソン・シアター
2004年 プリシラ・メイレレス ブラジルの旗 ブラジル
2005年 アレクサンドラ・ブラウン  ベネズエラ
2006年 ヒル・ヘルナンデス  チリ マニラ 国立人類学博物館
2007年 ジェシカ・トリスコ カナダの旗 カナダ ケソンシティ U.P.ケソン・シアター
2008年 カーラ・ヘンリー フィリピンの旗 フィリピン パンパンガ州 クラーク・エクスポ円形劇場
2009年 ラリッサ・ラモス ブラジルの旗 ブラジル ボラカイ島 ボラカイ・コンヴェンション・センター
2010年 ニコール・ファミア インドの旗 インド ベトナムの旗 ベトナム社会主義共和国ニャチャン ヴィンパール・ランド円形劇場 
2011年 オルガ・アラバ エクアドルの旗 エクアドル ケソンシティ U.P.ケソン・シアター
2012年 テレザ・フレボフスカ  チェコ アラバン ヴェルサイユ宮殿 Versailles Palace
2013年 アリス・ヘンリッチ ベネズエラの旗 ベネズエラ
2014年 ジェイミー・ヘレル フィリピンの旗 フィリピン ケソンシティ U.P.ケソン・シアター
2015年 アンジェリア・オン フィリピンの旗 フィリピン  オーストリアウィーン マルクス・ホール
2016年 キャサリン・エスピン エクアドルの旗 エクアドル パサイ モール・オブ・アジア・アリーナ
2017年 カレン・イバスコ フィリピンの旗 フィリピン
2018年 Nguyễn Phương Khánh  ベトナム
2019年 Nellys Pimentel プエルトリコの旗 プエルトリコ パラニャーケ コーブマニラ(オカダマニラ
2020年 リンジー・コフィー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 バーチャル
2021年 デスティニー・ワーグナー ベリーズの旗 ベリーズ
2022年 ミナ・スー・チェ 大韓民国の旗 韓国 パラニャーケ コーブマニラ(オカダマニラ)
2023年 Drita Ziri アルバニアの旗 アルバニア ベトナムの旗 ベトナム社会主義共和国ホーチミン市 Van Phuc City

近年のミス・アース[編集]

優勝者出身国[編集]

2023年現在

優勝回数
4 フィリピン
2 ブラジルベネズエラエクアドル
1 デンマークケニアホンジュラスチリカナダインドチェコベトナムプエルトリコアメリカ合衆国ベリーズ韓国アルバニア

歴代のミス・アース 日本代表[編集]

ミス・アース・ジャパン
YouTube
チャンネル
活動期間 2018年6月26日[13] -
ジャンル ミス・コンテスト
登録者数 3,250人
総再生回数 676,535回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年8月5日時点。
テンプレートを表示
  • 2001年 ヒラヤマ ミスズ - ミス・フレンドシップ受賞
  • 2002年 日本不参加
  • 2003年 斉藤麻美
  • 2004年 日本不参加
  • 2005年 鈴木絵実
  • 2006年 大野典子
  • 2007年 富永良子
  • 2008年 福村明美
  • 2009年 高田知美
  • 2010年 岸良真利奈 - 総合TOP7 タレントコンペティション入賞 ナショナルコスチューム優勝
  • 2011年 前田智子 - 総合TOP16入り ナショナルコスチューム優勝
  • 2012年 野田萌(MEGUMI) - 総合TOP16入り
  • 2013年 堀川優
  • 2014年 永田怜奈[14]
  • 2015年 山田彩乃[15]
  • 2016年 蜂谷晏海[16]
  • 2017年 斎藤恭代[17]
  • 2018年 田中美緒 - 総合TOP18入り
  • 2019年 伊徳有加[18] - 総合TOP20入り
  • 2020年 東出あんな[19]
  • 2021年 吉田小夏[20]
  • 2022年 松本真映[21]
  • 2023年 大城きらり[22]

その他の著名受賞者[編集]

  • 2011年
  • 2013年
    • 山田真以(ミス・アースジャパン選考会で3位「ミス・ウォーター・ジャパン」を受賞)
    • 吉田有希(ミス・アースジャパン選考会でファイナリスト)
    • 安田衣里ビーチバレー選手。ミス・アースジャパン選考会でファイナリスト)
  • 2014年
    • 杉浦亜衣(ミス・アースジャパン選考会で準ミスの最高位「ミス・エアジャパン」を受賞)[14]
    • 若尾綾香(ミス・アースジャパン選考会で3位「ミス・ウォータージャパン」を受賞。2014ミス・ユニバース徳島代表。2014miss SuperNational 日本代表。宇多田ヒカルのそっくりさんとしてモデル、タレントとして活動、出演番組多数。)
    • つのだ香澄(ミス・アースジャパン選考会で4位「ミス・ファイアージャパン」を受賞。2011ZENT sweeties、2014東京オートサロンイメージガール)[14]
    • 西村優奈(ミス・アースジャパン選考会で「JOYSOUND賞」を受賞)[14]
    • 田中梨乃(ミス・アースジャパン選考会でファイナリスト)[23]
  • 2018年
    • 細川碧里(ミス・アースジャパン選考会でファイナリスト。「あおいみどり」の芸名でモデル活動)
  • 2021年
    • 宮崎向日葵(ミス・アースジャパン選考会でファイナリスト。「avex audition 2006」に合格。)
  • 2023年
    • 長坂有紗(ミス・アースジャパン選考会で3位「ミス・ウォーター・ジャパン」を受賞。2022raffinee Lady、2023東京オートサロンイメージガール)[22]

脚注[編集]

  1. ^ Schuck, Lorraine (2006年10月12日). “About Miss Earth Beauty Pageant”. Miss Earth official website, Carousel Productions, Inc. オリジナルの2008年2月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080224140925/http://www.missearth.tv/about.html 2008年8月2日閲覧。 
  2. ^ 日本代表誕生まであと5日!ミス・アース美化活動に密着取材!”. ビューティーページェントメディア (2019年7月19日). 2022年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月6日閲覧。
  3. ^ 西野基久 (2008年12月27日). “意外に知られていない!? 世界三大ミスコンの歴史と違いを探ってみた”. 日経トレンディネット. 株式会社日経BP. 2019年5月7日閲覧。
  4. ^ 公式|2023 Miss.Earth.Japan Area Partners|”. ミス・アース・ジャパンエリアパートナー本部. 2023年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月6日閲覧。
  5. ^ ミス・アース・ベトナム2021、ラムドン省で初開催[エンタメ]”. VIETJOベトナムニュース. 2021年5月8日閲覧。
  6. ^ “2 more Miss Earth 2018 bets allege sexual harassment vs sponsor”. ABS-CBN News (ABS-CBN). (2018年11月8日). オリジナルの2018年11月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181108132146/https://news.abs-cbn.com/life/11/08/18/2-more-miss-earth-2018-bets-allege-sexual-harassment-vs-sponsor 
  7. ^ “Miss Cuba Says Miss Earth Organization Is Not To Blame For Sexual Harassment Allegations”. COSMOPOLITAN. (2018年11月9日). オリジナルの2021年1月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210120073954/https://www.cosmo.ph/entertainment/miss-earth-sexual-harassment-allegations-cuba-canada-england-guam-a2520-20181109 
  8. ^ “Miss Earth Guam joins other contestants in sexual harassment claim”. KUAM News (KUAM). (2018年11月9日). オリジナルの2018年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181109120949/http://www.kuam.com/story/39451471/2018/11/Friday/miss-earth-guam-joins-other-contestants-in-sexual-harassment-claim-against-sponsor 
  9. ^ “Miss Earth sponsor 'forever banned' amid sexual harassment allegations”. ABS-CBN News (ABS-CBN). (2018年11月8日). オリジナルの2018年11月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181108141826/https://news.abs-cbn.com/life/11/08/18/miss-earth-sponsor-forever-banned-amid-sexual-harassment-allegations 
  10. ^ “Amid viral photos, Miss Earth sponsor accused of sexual harassment speaks up”. ABS-CBN News (ABS-CBN). (2018年11月9日). オリジナルの2018年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181109151018/https://news.abs-cbn.com/life/11/09/18/amid-viral-photos-miss-earth-sponsor-accused-of-sexual-harassment-speaks-up 
  11. ^ a b “「まるでキャバクラ」国際ミスコン予選でまさか 出場女性を審査員の隣にはべらせ…国連は「勝手にロゴ使用」と激怒”. 47NEWS (共同通信). (2023年3月27日). オリジナルの2023年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230327022623/https://nordot.app/1008608626064932864?c=39546741839462401 
  12. ^ ミス・アースは怪しい?問題点とリアライズについて解説!”. 2023年8月16日閲覧。
  13. ^ ミス・アース・ジャパン 2018年ファイナリスト発表会ダイジェスト(1) - YouTube(2018年6月26日)2023年8月5日閲覧。
  14. ^ a b c d “2014ミス・アース・ジャパンが決定 埼玉出身の野球美女が栄冠”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年6月14日). https://mdpr.jp/news/detail/1376259 2014年6月15日閲覧。 
  15. ^ a b “「2015ミス・アース・ジャパン」決定 新潟在住の24歳「世界大会優勝を目指して」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年7月11日). https://mdpr.jp/news/detail/1501826 2015年8月1日閲覧。 
  16. ^ a b “「2016ミス・アース・ジャパン」グランプリは三重県出身の蜂谷晏海さん”. マイナビニュース (マイナビ). (2016年7月31日). http://news.mynavi.jp/news/2016/07/31/115/ 2016年8月1日閲覧。 
  17. ^ “「2017ミス・アース・ジャパン」グランプリ決定 ご当地アイドル・いちご姫リーダー斎藤恭代が輝く”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年7月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1704136 2017年8月3日閲覧。 
  18. ^ “世界4大ミス・コンテスト「ミス・アース」日本代表、伊徳有加さんに決定”. レコードチャイナ. (2019年7月24日). https://www.recordchina.co.jp/b731680-s165-c60-d1165.html 2020年9月16日閲覧。 
  19. ^ “ミス・アース日本代表にスレンダー美女、東出あんなさんが決定”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年9月16日). https://www.sanspo.com/article/20200916-TDOGSKK2FRNVJOZMOUXNKQOUIM/ 2020年9月16日閲覧。 
  20. ^ 日刊スポーツミス・アース・ジャパン吉田小夏さん“喜びと誇りを持って”21日世界大会』(インタビュアー:永野高輔)、日刊スポーツ新聞社、2021年11月18日https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202111180000149.html2023年8月5日閲覧 
  21. ^ “「ミス・アース・ジャパン」グランプリは松本真映さん 商社勤務25歳「新しい自分見つけたくて」応募”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年7月28日). https://hochi.news/articles/20220728-OHT1T51082.html 2023年8月5日閲覧。 
  22. ^ a b “2023ミス・アース:日本代表に沖縄代表の大学生・大城きらりさん「沖縄の気持ちを背負ってステージで表現できたことをうれしく思う」”. 毎日キレイ (株式会社MANTAN). (2023年8月3日). https://mainichikirei.jp/article/20230803dog00m100006000c.html 2023年8月5日閲覧。 
  23. ^ ありがとうございました”. 田中梨乃オフィシャルブログ. CyberAgent (2014年6月15日). 2014年6月15日閲覧。
  24. ^ 豊島美優”. サムライム. 2018年1月4日閲覧。
  25. ^ 宮越愛恵”. 最強RQ図鑑. Qブロ!レースクイーン情報ポータルサイト. 2016年8月1日閲覧。
  26. ^ 青木麻璃奈”. 最強RQ図鑑. Qブロ!レースクイーン情報ポータルサイト. 2016年8月1日閲覧。
  27. ^ 道京莉羅 [@djrira0515] (2019年3月21日). "ご報告です☺". X(旧Twitter)より2023年8月5日閲覧 |date=の値と|number=から計算された日付が2日以上異なります(解説
  28. ^ 小林愛里彩 (2019年3月18日). “2019 ENDLESS LADY”. The Sky is the limit♡. CyberAgent. 2019年3月26日閲覧。
  29. ^ “「2019ミス・アース・ジャパン」香川代表に元AKB48・冨田麻友さん”. ORICON NEWS (オリコン). (2019年6月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2137479/full/ 2019年7月27日閲覧。 
  30. ^ 『2019ミス・アース・ジャパン』ファイナリスト34人お披露目 7・22に日本代表が決定”. ORICON NEWS. 2021年11月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]