ミスファイアリングシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミスファイアリングシステム英語:Misfiring system)とは、ターボチャージャーによる過給エンジンにおいて、アクセルオフ時後に発生するターボラグを解消するシステムである。スロットルをオフした時にエンジンを故意に失火(ミスファイア)状態にすることから、この名称で呼ばれている。

動作原理[編集]

ターボチャージャーは、エンジンから排出される排気のエネルギー(動圧静圧及び熱エネルギー)により排気タービンを回転させ、タービンと接続されているコンプレッサーを駆動することで、空気をエンジンへ圧送(過給)する。 そのため、減速のためにアクセルペダルを戻すと排気エネルギーが減少し、タービン回転数が徐々に下がる。同時に、スロットルバルブより上流の空気も行き場を無くすため、逆流してコンプレッサーの回転が妨げられる[1]。 その後再加速のためにアクセルペダルを踏み込んだ際、タービン回転数が再び上昇しコンプレッサーが機能するまで遅延時間(ターボラグ)が生じ、この間は十分な過給が行なえず、期待した機関出力を得られない。

その対策として、タービン直前のエキゾーストマニホールド内で未燃焼ガスを燃焼させ、排気ガスのエネルギー不足を補いタービン回転の低下を防ぐ。具体的な例として、アクセルオフ時に1気筒分の点火時期を上死点後まで遅角して排気時に点火し、続く気筒は点火カットして混合気エキゾーストマニホールド内で燃焼させる。[2]なお、ターボチャージャーの容量が大きい場合には、エキゾーストマニホールドに二次空気を積極的に導入し[3]、効果を高める場合がある。 システム作動時には、太鼓を叩いたような「ポンポン」「ポコポコ」という音がするが、制御が不十分でエキゾーストマニホールド内で燃焼しきらずにアフターファイアーを起こしている場合には、爆発音のような「バンバン」「パパパパ」という音が発生する。

用途[編集]

主に以下のモータースポーツ車両へ用いられる[4]

各社による呼称の差異[編集]

他の自動車装置と同様に、自動車メーカー間では同装置の呼称は統一されていない。 スバルがミスファイアリングシステム、トヨタがアンチラグシステム (ALS 、フレッシュエアシステムと呼ぶこともあった)、三菱では2次エア供給システム(PCCS:ポスト・コンバッション・コントロール・システム)と、各社によって呼び方に違いがある。 英語圏では、トヨタと同じAnti-lag systemと呼ぶことが多い。

市販車での純正装着例[編集]

世界ラリー選手権(WRC)で使用されていたグループA車両の技術規則では、ベース車両に純正装着されていないシステムの使用が禁止されていたため、公道走行が可能な市販車の中にも稀に装着例がある。ただし、排出ガス規制に適合しないため、いずれも市販状態では作動しない。

脚注[編集]

  1. ^ 市販車のエンジンにはブローオフバルブが取付けられているため、コンプレッサーへの逆流は問題にはならない。モータースポーツ車両のエンジン(特にリストリクター付きの場合)では、過給圧が下がることを嫌ってブローオフバルブが取付けられていないため、この逆流が問題となる。
  2. ^ アンチラグ:AVO/MoTeC Japanのブログ(NEWS)[1]
  3. ^ NISMO FESTIVAL 2008で展示されていたJGTCに参戦していたスカイライン GT-Rエンジン(VQ30DETT)2002年の第3戦より使用されていた。コンプレッサーハウジングやエキゾーストマニホールドに、ミスファイアリングシステムの部品が取付けられている。
  4. ^ 以下の理由より、市販車のエンジンに装着されることは稀である。
    • アクセルの開閉操作を頻繁に行なうような限られた状況で有効なシステムため、公道で遵法走行する際には必要性が低い。
    • タービン以降で燃焼する「アフターファイアー」が発生した場合に、触媒装置(キャタライザー)など排気系部品が損傷すると、エミッション フェール(排ガス規制に引っかかる)に至る危険性がある。
  5. ^ 最低車重は1,000 kg以上,フォーミュラ車両のほぼ倍

関連項目[編集]