ミステイクン・ポイント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミステイクン・ポイント生態系保護区
ミステイクン・ポイント生態系保護区の位置を示した地図
ミステイクン・ポイント生態系保護区の位置を示した地図
地域 カナダニューファンドランド・ラブラドール州
最寄り セントジョンズ
座標 北緯46度37分55秒 西経53度11分25秒 / 北緯46.63194度 西経53.19028度 / 46.63194; -53.19028座標: 北緯46度37分55秒 西経53度11分25秒 / 北緯46.63194度 西経53.19028度 / 46.63194; -53.19028
面積 5.7 km2 (2.2 sq mi)
運営組織 ニューファンドランド・ラブラドール州環境・自然保護省
世界遺産 ミステイクン・ポイント
カナダ
画像募集中
英名 Mistaken Point
仏名 Mistaken Point
面積 146 ha (緩衝地域 74 ha)
登録区分 自然遺産
登録基準 (8)
登録年 2016年(第40回世界遺産委員会
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

ミステイクン・ポイント英語: Mistaken Point)はニューファンドランド島アバロン半島東南端にある生態系保護区。1967年にインドの留学生シヴァ・バラク・ミスラ英語版によって最初に発見された。なお同じ1967年の6月にはこの地域から化石を発見しており、2007年に彼に因んでフラクトフスス・ミスライ英語版と命名されてた[1]。ミステイクン・ポイントは575万年前から542万年前の化石を豊富に埋蔵されている、世界で最も重要な化石・地質地域の一つである。2016年の第40回世界遺産委員会にて正式に登録された。

世界遺産[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (8) 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ BBC News (2007年9月18日). “Rare honour for Indian geologist”. BBC South Asia. 2011年7月10日閲覧。

外部リンク[編集]

  • 公式ウェブサイトニューファンドランド・ラブラドール州環境・自然保護省
  • 管理計画, ニューファンドランド・ラブラドール州環境・自然保護省