ミスターセキグチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ミスターセキグチ
現役期間 2006年 - 2007年
欧字表記 Mr. Sekiguchi
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2003年1月28日
Storm Cat
Welcome Surprise
母の父 Seeking the Gold
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ケンタッキー州[1]
生産 William S. Farish and W. S. Kilroy[1]
馬主 関口房朗
調教師 ボブ・バファート[2][1][3]ロスアラミトス競馬場
競走成績
生涯成績 4戦2勝[4][1][5][6][7]
獲得賞金 85,800ドル[6]
テンプレートを表示

ミスターセキグチ (Mr. Sekiguchi) とはアメリカ生まれ[4][1]競走馬である。2004年9月[8]キーンランドセプテンバーセール[8][3][1][6][7]日本人森秀行により[8][1]、(当時の)同セール史上最高額となる[8]800万ドル[8][3][1][6][7](約8億8000万円[8])で落札された。引退後に種牡馬となった。

競走馬時代[編集]

関口房朗馬主となり[4][1]、管理調教師ボブ・バファートにより[2]「ミスターセキグチ」と名付けられた本馬は、2006年(3歳)、2月18日サンタアニタ競馬場でデビュー[9]ダート5.5ハロンのレースであった[9]が、ゴール前で同じ厩舎の馬であるライジングレートに交わされ2着だった[9]4月8日、デビュー2戦目となるダート6.5ハロン戦で初勝利を挙げた[10]。しかしその後は長期休養することになった。

4歳となった2007年1月7日、約9か月ぶりにレースへ出走しクビ差2着となり[11]3月2日[12][1]ダート[12]7ハロンのアローワンス競走で2勝目を挙げた[12][1]。その後は脛骨の負傷[1][7]により、復帰することなく引退した[4]

種牡馬時代[編集]

2008年からアメリカ・ケンタッキー州のヒルンデイルファームで種牡馬となる[1][4]。初年度の種付け料は5000ドル[1](当時約57万円[4])で、97頭に種付けしている[6][7]。2010年の種付けシーズン前にフロリダ州のブライドルウッドファームに移動した[5][7]2011年に初年度産駒がデビューし、5月27日に初勝利を挙げている[3]。2012年はカナダオンタリオ州にあるパークスタッドにて繋養される[13]

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

ミスターセキグチ血統ストームキャット系/Secretariat3×3=25.00%、Buckpasser4×4=12.50%、Native Dancer5×5=6.25% (血統表の出典)
父系

Storm Cat
1983 黒鹿毛
父の父
Storm Bird
1978 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
South Ocean New Providence
Shining Sun
父の母
Terlingua
1976 栗毛
Secretariat Bold Ruler
Somethingroyal
Crimson Saint Crimson Satan
Bolero Rose

Welcome Surprise
1997
Seeking the Gold
1985 鹿毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Con Game Buckpasser
Broadway
母の母
Weekend Surprise英語版
1980 鹿毛
Secretariat Bold Ruler
Somethingroyal
Lassie Dear Buckpasser
Gay Missile F-No.3-l
5代内の近親交配
出典

母はドッグウッドステークス英語版 (G3) 勝ち馬[2][6]伯父(母の兄弟[1][3])にサマースコール英語版 (Summer Squall) [1][2][5][7]エーピーインディ (A.P.Indy) [1][2][3][7]らがいる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q NEWS「Mr. Sekiguchi to stand at Hill ‘n’ Dale」” (英語). Thoroughbred Times (2007年10月30日). 2012年6月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e 9億円馬、その名はミスターセキグチ” (日本語). netkeiba.com (2006年1月23日). 2012年6月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Blood-Horse Staff (2011年5月27日). “Mr. Sekiguchi Sires First Winner” (英語). BloodHorse.com. 2012年6月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 9億円馬ミスターセキグチが引退、種牡馬入り” (日本語). netkeiba.com (2007年10月31日). 2012年6月26日閲覧。
  5. ^ a b c Mr. Sekiguchi to Bridlewood” (英語). BloodHorse.com (2009年10月1日). 2012年6月26日閲覧。
  6. ^ a b c d e f Mr. Sekiguchi” (英語). Park Stud. 2012年6月26日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h Mr. Sekiguchi to Bridlewood” (英語). Bridlewood Farm (2009年10月2日). 2012年6月26日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 記録ずくめのキーンランドセールが終了” (日本語). netkeiba.com (2004年9月28日). 2012年6月26日閲覧。
  9. ^ a b c ミスターセキグチ、デビュー戦は2着” (日本語). netkeiba.com (2006年2月19日). 2012年6月26日閲覧。
  10. ^ 9億円馬ミスターセキグチ初勝利” (日本語). netkeiba.com (2006年4月9日). 2012年6月26日閲覧。
  11. ^ ミスターセキグチ、復帰戦は2着” (日本語). netkeiba.com (2007年1月8日). 2012年6月26日閲覧。
  12. ^ a b c 9億円馬ミスターセキグチが2勝目” (日本語). netkeiba.com (2007年3月3日). 2012年6月26日閲覧。
  13. ^ NEWS「Mr. Sekiguchi to Park Stud」” (英語). Thoroughbred Times (2011年11月29日). 2012年6月26日閲覧。
  14. ^ Jack Shinar (2011年10月29日). “Rose and Shine Blossoms in Princess Elizabeth” (英語). BloodHorse.com. 2012年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]