ミスカワイヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミスカワイヒアラビア語: مسکویه‎, ラテン文字転写Miskawayh, 932年ごろ生–1030年2月16日歿?)はブワイフ朝の官僚で、行政文書の保管や財務を担当する役所に勤めたペルシア人(#生涯)。歴史や哲学に関する著作がある(#著作)。その主著 Tahḏīb al-ʿAḵlāq (以下、本項では『倫理論』と呼ぶ)は応用倫理学や人格陶冶に関する書物であり、イスラーム思想の中で倫理学に関する最古の論文である。『倫理論』においてミスカワイヒは、個人の倫理を公的社会から切り離し、理性は欺瞞や誘惑とは異なることを説いた。

名前[編集]

13世紀の歴史学者ヤークート・ルーミー(1229年歿)は、本項で説明するこの哲学者/歴史学者を "مِسْکَوَیهْ‎"(ミスカワイヒ)と呼び、さらにこの哲学者がマズダ教あるいはゾロアスター教から改宗したペルシア人ムスリムであり、ヒジュラ暦421年サファル月9日(西暦1030年2月16日に相当)に100歳で亡くなった、としている[1][2][3]。しかしながら、ボスワース英語版によると、これらの情報はいずれも正しくない可能性が高い[2][3]

本項の人物の本名(イスム)はアフマドであり、その父系イスムを連ねた名前はアブー・アリー・アフマド・ブン・ムハンマド・ブン・ヤアクーブ(ʿAbū ʿAlī ʿAḥmad b. Muḥammad b. Yaʿqūb)であるため、イスラームへの改宗は本人ではなくその父親か父系祖父であろう[2][3]。さらに本項の人物を「イブン・ミスカワイヒ」とナサブのかたちで記す資料がほかに複数種類あることから、本来は「ミスカワイヒ」の前に「イブン」をつけるナサブのかたちと呼ばれるのが正しいようである[2][3]。さらに言えば مسکویه‎ は、中期ペルシア語の呼称形であるミスコーイェ Miskōye かムシュコーイェ Muškōyeアラビア文字で表記したものである[2](コルバン/黒田/柏木(1974)は「マスクーイェ」と表記)[4]

以下、本項では、この哲学者を便宜的に「ミスカワイヒ」と呼ぶこととする。

生涯[編集]

その生涯について、現代の歴史学者が入手可能な情報は少ない[3]。近代イランの伝記作家ハーンサーリーペルシア語版によると[3]、ミスカワイヒはヒジュラ暦326年(西暦932年ごろ)、ズィヤール朝治下のライイに生まれ、おそらくはジバール地方[注釈 1]で育った[2][3]ブワイフ朝のイラク政権の宰相ムハッラビー英語版に気に入られてナディーム(御伽衆)に迎えられるヒジュラ暦340年(西暦952年)には、カーティブダビール[注釈 2]を目指すトレーニングを積んでいたことは間違いない[3]

ミスカワイヒはブワイフ家のムイッズッダウラ英語版が治めるバグダードで、宰相ムハッラビーに12年間仕えた[3]。当時のバグダードはエジプト以東のイスラーム世界の人や物が集まる交流点であり、ミスカワイヒはその富と文化的資産を享受している[3]。有力者貴顕の家に出入りして、タウヒーディー、アーミリー、イブン・サァダーン、サーヒブ・イブン・アッバード、アブー・スライマーン・マンティキー、バディーウッザマーン、アブー・バクル・フワーリズミー[要説明]といった多くの文人、知識人と交流した[2]

ムハッラビーの没後(963年)、ミスカワイヒはライイ政権のルクヌッダウラ英語版の宮廷へ移り、宰相のアブル・ファドル・イブヌル・アミード英語版に7年間仕えた[3]。ヤークートやイブヌル・キフティー、タウヒーディーによると、ミスカワイヒは宰相の蔵書や王国の公文書を補完する図書館の責任者として働き、宰相の息子アブル・ファトフの教育係もつとめた[3]。ミスカワイヒは宰相の蔵書の豊富さを称賛している[3]。966年にビザンツ帝国と戦うためにホラーサーンから遠征してきたイスラーム信仰戦士集団英語版がライイに逗留[3]、戦士たちが図書館で狼藉を働こうとしたため、ミスカワイヒは本と文書を100頭のラクダに積んで運び出し、図書館を破壊から救った[3]

先代の宰相が970年に亡くなると、ミスカワイヒはその息子のアブル・ファトフに引き続き仕えたとみえ、975年に ルクヌッダウラブワイフ朝軍に付き従ってバグダードへ行ったという記録がある[3]。その後ミスカワイヒは978年からシーラーズを治めるファールス政権のアドゥードゥッダウラのもとで、財務担当の大臣として働く[3]。かつて仕えたアブル・ファドル・イブヌル・アミードが新しい主の教育係だったと示す史料があるため、アドゥードゥッダウラとミスカワイヒはお互いをよく知っていたはずである[3]。982年にアドゥードゥッダウラが亡くなると、その息子サムサームッダウラ(ライイ政権のアミール)に仕えたようであるが、その兄弟バハーウッダウラ(対立するファールス政権のアミール)に仕えたと伝える資料もあって、詳細は不明である[3]

982年以後、ライイ政権に入ったという説は、ミスカワイヒがライイ政権の宰相イブン・サァダーン Ibn Saʿdān のナディーム(御伽衆)になったと伝える史料に基づく[3]。ただし984-985年(ヒジュラ暦374年)に宰相が処刑されて以降、つまりミスカワイヒの50代からカークワイヒ朝英語版イスファハーンで亡くなる1030年2月16日(ヒジュラ暦421年サファル月9)[5]までの足取りはよくわかっていない[3]

著作[編集]

著作は20作ほどあった。著作はすべてアラビア語で書かれている[2]。名前から知りうるように、ミスカワイヒは、おそらく父か祖父の代に改宗が行われた改宗ムスリムであるが、その著書にはイスラームへの宗教的情熱をあらわにするような記載が見当たらない[3]。むしろ、ゾロアスター教の司祭階級(マギ)的教養があったことが推量される[3]

  • Tajārib al-Umam (كتاب تجارب الأمم) - ムスリムが書いた同時代の歴史書として最古の本。ブワイフ朝の宰相ムハッラビーに直接仕えた官僚として、ミスカワイヒは宮廷内で起きた事件を知りうる立場にあった。本書はイスラーム教の始まりから説き始め、アドゥードゥッダウラの治世の最後まで記述する。
  • Tahdhib al'Akhlaq wa Tathir al'Araq (تهذيب الأخلاق و تطهير الأعراق) - 学問を志す者たちに向けて倫理哲学について書いた哲学書。ミスカワイヒの主著。
  • Kitab al-Hukama al-Khalida (كتاب الحكمة الخالدة) - ペルシア語の著作『永遠の叡智』(ペルシア語: جاویدان خرد‎) のアラビア語翻訳。題名を Book of Literatures of the Arabs and Persians (كتاب آداب العرب والفرس) とする写本もある。

ミスカワイヒとイフワーン・サファー(純正同胞教団)との関わりを示す同時代史料もあり、その論文集(リサーイル・イフワーン・サファー)にはミスカワイヒが書いた部分もあるという説もある[5]

注釈[編集]

  1. ^ イラン高原北西部の山がちなエリア。古代王国メディアがあったあたり。
  2. ^ ゾロアスター教社会における書記。

出典[編集]

  1. ^ Yāqūt, Iršād, ii, 89 ff. = Udabāʿ v, 5-19;
  2. ^ a b c d e f g h Bosworth, C. E.; van Donzel, E.; Heinrichs, W. P. et al., eds (1993). Encyclopaedia of Islam (2nd ed.). Leiden: E. J. Brill. pp. 143–144. ISBN 9004094199. https://archive.org/stream/EncyclopaediaDictionaryIslamMuslimWorldEtcGibbKramerScholars.13/07.EncycIslam.NewEdPrepNumLeadOrient.EdEdComCon.BosDonLewPel.etc.UndPatIUA.v7.Mif-Naz.Leid.EJBrill.1993.#page/n1/mode/2up 2015年8月19日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w Bosworth, C. Edmund (2002). "MESKAWAYH, ABU ʿALI AḤMAD,". Encyclopædia Iranica, online edition. 2019年12月10日閲覧
  4. ^ アンリ・コルバン『イスラーム哲学史』黒田壽郎、柏木英彦訳、岩波書店、1974年2月22日。p208-210
  5. ^ a b Nasr, Hossein (1993). An Introduction to Islamic Cosmological Doctrines. SUNY Press. p. 26. ISBN 978-1-4384-1419-5. https://books.google.com/books?id=9wms5240AvQC 

文献[編集]