ミシガン・セントラル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Michigan Central Station
Michigan Central 2015.jpg
所在地 2405 West Vernor Highway
Detroit, Michigan
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
開業年月日 1913年12月26日
廃止年月日 1988年1月6日
乗入路線
所属路線 ミシガン・セントラル鉄道英語版 Main Line
キロ程シカゴ中央英語版起点)
Dearborn
所属路線 カナダ・サザン鉄道英語版 Main Line
キロ程 (ミシガン・セントラル起点)
Windsor
所属路線 Detroit Branch
キロ程マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・プラザ起点)
Wyandotte
所属路線 (不明)
キロ程 (Mackinaw City起点)
Woodward Avenue
テンプレートを表示
Michigan Central Station
Michigan Central Train Station Exterior 2010.jpg
Michigan Central Station in 2010
所在地 2405 West Vernor Highway
Detroit, Michigan
座標 北緯42度19分43秒 西経83度04分40秒 / 北緯42.32861度 西経83.07778度 / 42.32861; -83.07778
面積 500,000 ft² (46,000 m²)
建築家 Reed and Stem,
Warren and Wetmore
建築様式 ボザール様式
NRHP登録番号 75000969
NRHP指定日 April 16, 1975

ミシガン・セントラル駅は、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市に存在したまたは旧駅舎。

歴史[編集]

駅舎の取り壊し、保存の動き[編集]

1988年に廃業後、あまりにも大きな構造物であったため転用は難しく、取り壊しもできず放置されたまま廃墟となった。カジノや警察を含む公的機関の入居など、いくつかもの再開発計画は立てられたが、巨額の資金を要することから次々と頓挫した。2009年、デトロイト市が、駅舎周辺のスラム化を解消するために取り壊しを決議すると、一方で歴史的建造物として保存を目指す機運が高まり、取り壊しは中断された。その後、アスベストの除去作業や窓ガラスの撤去などが細々と続けられてきたが、2013年、デトロイト市が破産。保存や撤去を行う予算付けは、当面の間不可能となり、周囲を有刺鉄線付金属フェンスでめぐらされたまま、事実上放置されることとなった[1]

2018年6月11日にフォードが駅舎を買収したと発表[2]、自動運転車や電気自動車の開発拠点として使用する予定で、復元、改装工事は2022年完工としている[3]

映画ロケ地としての利用[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]