ミシェル・テアト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル

Michel Théato
フランスの旗 フランス
陸上競技
オリンピック
1900 パリ 男子マラソン

ミシェル・テアト(Michel Johann Théato, 1878年3月22日 - 1919年)は、ルクセンブルク出身のフランス陸上競技選手。1900年パリオリンピックの金メダリストである。

経歴[編集]

テアトのことについてはあまりよく知られていない。パリパン屋の御用聞きとして働いていたといわれているが、実際は家具職人として働き、地元の陸上クラブに所属していたというのが正しいところである。

テアトは、1900年パリオリンピックのマラソンに出場。午後2時30分にスタートしたマラソンは、気温が40度になろうかという中おこなわれ、テアトが、2時間59分45秒(40.26km)のタイムで優勝した。しかし、テアトの優勝に対して、何人かのランナーから疑問が出された。4時間4分12秒で5位でゴールしたアメリカアーサー・ニュートンは、テアトは仕事で覚えたパリの通りの知識を活かしコースをショートカットしたと主張。また、同様の主張はオリンピック歴史家からも出されている。

長い間、テアトはフランス人と考えられてきた。しかし20世紀の終わりになって、彼はルクセンブルク出身の選手であることが発見された。そうであれば、テアトはルクセンブルク初の金メダリストとなるところであるが、国際オリンピック委員会は、テアトはフランス代表として出場したものであり、フランスが獲得したメダルであるとしている。

外部リンク[編集]