ミサ・ブレヴィス (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミサ・ブレヴィス ヘ長調 Hob.XXII:1(Missa Brevis in F)は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1750年ごろに作曲したミサ曲。現存するハイドンの曲のうちでもっとも古いもののひとつである。1806年に作曲家自身によって編曲された。

なお、ハイドンにはもう1曲『ミサ・ブレヴィス』という変ロ長調の曲があるが(Hob.XXII:7)、そちらは『小オルガン・ミサ』の通称で呼ばれることが多い。

概要[編集]

ラールセンとランドンは1749年から1750年にかけて、ガイリンガーは1750年代のはじめのものと推定している[1]。ハイドンがまだウィーンシュテファン大聖堂の少年合唱団員であったか、合唱団を解雇されて間もないころの作品ということになる。

なおアロイス・フックスによれば、『ロラーテ・ミサ』(Rorate coeli desuper, Hob.XXII:3)がハイドンの最初のミサ曲である。『ロラーテ・ミサ』は長年失われていたが、1957年にランドンが再発見した。しかし失われた『ロラーテ・ミサ』と発見された曲が同一かどうかには疑問が出されている[2]

ハイドンは最晩年の1805年になってパート譜を入手し、そこからスコアを作成して、1749年という年を記した。また新しく管楽器を書き加えた第2版を1806年2月に完成したが、この版は出版されなかった[2]。ただしこの編曲はハイドン本人ではなくヨーゼフ・ハイデンライヒによるかともいう[3]

単純でほぼホモフォニックな音楽であり、器楽部分も簡単である。シュテファン大聖堂の楽長であったロイター(Georg Reutter der Jüngere)の影響が見られるという[4]

編成[編集]

1806年版ではフルートクラリネット2、ファゴット2、トランペット2、ティンパニを追加[5]

曲の構成[編集]

Kyrie[編集]

アレグロ。キリエ、クリステ、キリエ(2回目)それぞれが合唱で始まり、二重唱が後を続ける。明るく単純な曲である。

Gloria[編集]

アンダンテ。後のハイドンのミサ曲のように部分に分かれず、一気に歌われる。

Credo[編集]

アレグロ。全体に速い曲だが、「et incarnatus est」から「et sepultus est」のキリストの生涯の部分はアダージョで短調の音楽になり、合唱のみで歌われる。

Sanctus[編集]

「Sanctus」はアダージョで歌われるが、「Pleni sunt」以下はアレグロになる。

Benedictus[編集]

アンダンテのゆったりした音楽で、器楽による序奏につづけて、二重唱によって歌われる。ホザンナはアレグロの合唱で歌われるが、すぐに終わる。

Agnus Dei[編集]

アダージョ。静かな短調の曲で、合唱のみによって歌われる。「dona nobis pacem」で長調に転じ、二重唱が加わってアレグロで歌われる。

脚注[編集]

  1. ^ 大宮(1981) pp.33-34
  2. ^ a b 大宮(1981) p.218
  3. ^ Larsen (1982) p.123
  4. ^ Larsen (1982) p.86
  5. ^ 大宮(1981) 表p.39

参考文献[編集]

  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • Larsen, Jens Peter (1982) [1980]. The New Grove Haydn. Papermac. ISBN 0333341988.