ミゲル・イティゾーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小惑星発見: 15
エビータ 1948年8月3日
チェスコ 1950年3月20日
アバンデラダ 1950年6月15日
マルティル 1950年6月15日
デスカミサーダ 1951年6月27日
ファナーティカ 1950年9月13日
イティゾーン 1951年3月8日
ムニョース 1951年9月1日
イグアス 1951年8月23日
ウィルケンス 1951年3月3日
パラナ 1950年6月15日
アギラール 1950年9月12日
チチカカ 1952年9月23日
アコンカグア 1950年6月24日
スメリア 1954年3月12日

ミゲル・イティゾーン(Miguel Itzigsohn、18??年-1978年)は、アルゼンチン天文学者である。

多くの小惑星を発見し、また彗星の研究を行った。

天文学天体力学を専門とし、1955年から1972年まで、ラプラタ天文台の部門長を務めた。

1951年に自らが発見した小惑星を、自身の名前にちなんでイティゾーンと命名した。第二次世界大戦後にアルゼンチンで活発になった観測と計算による小惑星の研究において中心的な役割を果たした[1]

出典[編集]

  1. ^ G. Sitarski, "20. Positions and motions of minor planets" Trans. IAU, 18, 195 (1982).

外部リンク[編集]