ミゲル・アンヘル・レビージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はレビージャ第二姓(母方の)はロイスです。
ミゲル・アンヘル・レビージャ
Miguel Ángel Revilla
RevillaOficial.png
生年月日 (1943-01-23) 1943年1月23日(76歳)
出生地 スペインの旗 スペインサンタンデール県ポラシオネス英語版
出身校 バスク大学
所属政党 カンタブリア地域主義党(PRC)

第7代カンタブリア州首相
在任期間 2003年6月27日 - 2011年6月23日

第9代カンタブリア州首相
在任期間 2015年7月3日 - 現職
テンプレートを表示

ミゲル・アンヘル・レビージャ・ロイス(Miguel Ángel Revilla Roiz、1943年1月23日 - )は、スペインサンタンデール県ポラシオネス英語版出身の政治家経済学者銀行員カンタブリア地域主義党(PRC)所属。2003年から2011年まで第7代カンタブリア州首相を務め、2015年から第9代カンタブリア州首相を務めている[1]

経歴[編集]

1943年1月23日、サンタンデール県(現・カンタブリア州ポラシオネス英語版に生まれた。バスク大学に進学し、経済学と経営学を学んだ。1974年から1982年までは、トレラベーガアトランティコ銀行英語版で責任者を務めた。サンタンデール経営学校では経済構造を専門とする教員であり、その後は1995年までカンタブリア大学で経済政策と財政学を専門とする准教授だった。

1978年にはカンタブリア地域主義党(PRC)の設立メンバーのひとりとなった。1983年からカンタブリア州議会議員を務め、1983年から1995年まで州議会におけるカンタブリア地域主義党のスポークスパーソンを、1983年から1988年までカンタブリア地域主義党の事務局長を務めた。 1995年から2003年まではカンタブリア州副首相を務め、また副首相と同時に公共事業・住宅・都市政策大臣を務めた。2003年から2011年まで第7代カンタブリア州首相を務め、2015年から第9代カンタブリア州首相を務めている[1]

脚注[編集]