ミゲル・アンヘル・ゴンザレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Spain.svg この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はゴンサレス第二姓(母方の)はダビラです。
ミゲル・アンヘル・ゴンザレス
基本情報
本名 ミゲル・アンヘル・ゴンザレス・ダビラ
通称 東京三太
El Mago
階級 スーパーウェルター級
身長 174cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1970年11月15日(45歳)
出身地 メキシコシティの旗 メキシコシティ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 57
勝ち 51
KO勝ち 40
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

ミゲル・アンヘル・ゴンサレスMiguel Angel Gonzalez Dávila、男性、1970年11月15日 - )は、メキシコ出身の元プロボクサー。第23代WBC世界ライト級王者。

人物[編集]

メキシコシティ出身の、オーソドクスファイター。一時期協栄ボクシングジムプロモートされており、東京三太リングネームで日本のリングに上がっていたこともあった。ハンサムな容姿で女性ファンも多く、日本の女性誌にも取り上げられたことがあるほどの男前なボクサーだった。

クリスチャンであるため「サンタ」の名が入った東京三太のリングネームは本人もお気に入りで、協栄との契約が切れ日本を離れた後も、メキシコのリングで「ミゲル・アンヘル“トーキョー・サンタ”ゴンサレス」とコールされていた。

ライト級王者として強さを誇りながら、スターへの道を懸けた試合で、ことごとく勝利を逃した。

来歴[編集]

15歳で名門パンチョ・ロサレス門下に入門。

1988年9月、ソウルオリンピックフェザー級で出場。1回戦で地元韓国の李在赫に判定負け。

1989年1月21日、プロデビュー。

1990年12月17日、東京三太のリングネームで日本のリングに初登場。廉泰福と対戦し5回TKO勝ちを収めた。

1991年3月16日、WBC世界ライト級11位の文泰鎮と対戦し7回TKO勝ちを収め世界ランク入り。

1991年8月19日、ウィリアム・マガヒンと対戦し4回KO勝ちを収めた。これが東京三太としてのラスト・ファイトとなった。

1992年3月16日、WBCインターナショナルライト級王者ラモン・マルチェナに5回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

1992年8月24日、パーネル・ウィテカーの返上によって空位となったWBC世界ライト級王座決定戦としてウィルフレド・ロチャと対戦し9回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

1994年3月29日、後にWBA、WBCのニ団体で世界王者となるジャン・バチスト・メンディと対戦し5回TKO勝ちを収め5度目の防衛に成功した。

1994年8月6日、後のIBF世界ライト級王者レバンダー・ジョンソンと対戦し8回TKO勝ちを収め6度目の防衛に成功した。

1994年12月13日、元IBF世界フェザー級王者カルビン・グローブと対戦し5回終了時グローブの棄権によるTKO勝ちを収め7度目の防衛に成功した。

1995年8月15日、ラマー・マーフィに12回判定勝ちを収め10度目の防衛に成功した。

1996年、WBC世界ライト級王座返上。

1997年1月18日、WBC世界スーパーライト級王者オスカー・デ・ラ・ホーヤと対戦するが12回判定負けを喫し初黒星となった。

1998年3月7日、オスカー・デ・ラ・ホーヤの返上によって空位となったWBC世界スーパーライト級王座決定戦でフリオ・セサール・チャベスと対戦するも12回引き分けに終わり王座獲得に失敗した。

1999年8月21日、WBC世界スーパーライト級王者コンスタンチン・チューと対戦するがパワーに押されまくられ10回TKO負けを喫し2階級制覇に失敗した。

2001年3月3日、伏兵のマヌエル・ゴメスと対戦するが10回判定負け。

2004年9月4日、WBC、WBA、IBF世界ウェルター級王者コーリー・スピンクスと対戦するが12回判定負けを喫しまたしても2階級制覇に失敗した。

2005年8月13日、WBA世界ウェルター級王者ルイス・コラーゾと対戦するが7回終了時棄権によるTKO負け。

2006年9月2日、WBC中央アメリカボクシング連盟スーパーウェルター級王座決定戦でアレハンドロ・ルイス・ガルシアと対戦し12回判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2006年10月7日、ウリセス・デュアルテと対戦し10回TKO勝ちを収め初防衛に成功した。以降、公式に引退は表明していないが2010年5月現在試合は行っていない。

2010年9月復帰の噂が囁かれている[1]ものの、後日改めて現役を引退を表明した。

戦績[編集]

アマチュア[編集]

66戦63勝3敗

1988 ソウルオリンピック
階級 ラウンド 勝敗 内容 対戦相手 国籍
フェザー級 1回戦 3R判定 李在赫 韓国の旗 韓国

プロ[編集]

57戦51勝(40KO)5敗1分

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
パーネル・ウィテカー
第23代WBC世界ライト級王者

1992年8月24日 - 1996年(返上)

空位
次タイトル獲得者
ジャン・バチスト・メンディ