ミケーレ・カラファ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミケーレ・カラファ
Michele Carafa
Michele Carafa by Antoine Maurin.jpg
基本情報
生誕 1787年11月17日
Flag of the Kingdom of Naples.svg ナポリ王国 ナポリ
死没 (1872-07-26) 1872年7月26日(84歳没)
フランスの旗 フランス パリ
ジャンル クラシック
職業 作曲家

ミケーレ・カラファMichele Carafa 1787年11月17日 - 1872年7月26日)は、イタリアオペラ作曲家

生涯[編集]

カラファはミケーレ・アロイジオ・エンリコ・フランチェスコ・パオロ・ヴィンチェンツォ・カラファ・デ・コロブラーノMichele Enrico Francesco Vincenzo Aloisio Paolo Carafa de Colobrano)としてナポリに生まれた。父のジョヴァンニ・カラファはコロブラーノ王子、アルヴィート公爵であり、ミケーレは次男であった。しっかりとした音楽教育を受けたカラファは1802年に初のオペラ『Il Fantasma』を作曲した。この作品は1805年に、継父であるカラマーニコ王子の劇場でお披露目された。この頃、カラファはナポリの陸軍士官学校(Nunziatella)に学生として通っていた。1806年パリへ移ると、ルイージ・ケルビーニ作曲を、フリードリヒ・カルクブレンナーピアノを師事した。

しかし、彼の父はカラファに軍人になるため音楽の道を諦め、フランス陸軍の軽騎兵団中尉になるように言った。1806年モラーノ・カーラブロのカンポテネーゼ(Campotenese)で収監された後、釈放されるとシチリア遠征に加わり大尉となった。

1808年にナポリへと戻ったカラファは、アントワネット・オーベントン(Antoinette Aubenton、またはドーベントン Daubenton)と結婚し、フェデーレ・フェナローリの下で音楽の勉強を再開する。両親からの圧力を受け、ジョアシャン・ミュラに従ってロシア戦役に加わった彼は、Ostrovnoの戦いenの後、ナポレオンからレジオンドヌール勲章を授けられ、さらにイタリア王国の男爵の地位を与えられた。

ナポリにおける両シチリア王国復権によりカラファの地位は低下し、彼の軍人としてのキャリアも終わりを迎えた。フォンド劇場英語版1814年に彼のオペラ『Il vascello d'occidente』が、また1816年にはアンドレア・レオーネ・トットライタリア語版リブレットによる『Gabriella di Vergy』が上演された。この作品は同年に同じ劇場で公開されたジョアキーノ・ロッシーニの『オテロ英語版』と同程度に成功を収めた。

カラファの音楽は彼の友人でもあったロッシーニ、ベッリーニオーベールアレヴィらが有力だった時代の、平易な旋律線と単調な管弦楽法によって特徴づけられる。オペラの作曲に身を投じるべく1821年にパリへと戻ったカラファは、1823年に『Jeanne d'Arc à Orléans』と『Le Valet de Chambre』で大きな成功を収めた。

ヴェネツィアで『Parìa』を発表してイタリアでのキャリアに終止符を打ち、拠点を完全にパリに移したカラファは、いくつかの失敗を経ながらも『Masaniello』がオペラ=コミック座で136回の公演回数を数える大成功となった。これが彼のキャリアの絶頂であった。カラファはロッシーニやドニゼッティの作品と比較されることを好んでいなかった。

1834年にフランス国籍を取得したカラファは芸術アカデミーのメンバーに選出され、1837年ジャン=フランソワ・ル・スュールの後任として理事に就任した。その後、1838年には軍楽学校の校長に任用される。1840年から1858年にかけてはパリ音楽院対位法と作曲を教えた。最後の作品となった『Thérèse』を作曲した1838年には、カラファは既にほとんど教育業だけに専念していたのであった。彼の最後の作品のひとつにロッシーニの『セミラーミデ』のフランス語翻訳版があるが、ロッシーニは長きにわたる友情の証としてこの版の著作権を放棄した。

1867年中風に倒れたカラファは、パリで84年の生涯を終えた。

カラファの著名な門弟にはアチーレ・ペーリがいる。

オペラ[編集]

タイトル 幕数 初演年月日 初演地 リブレット
Il fantasma 2幕 1802年 ナポリ、Teatro del Principe Caramanico
Il prigioniero 1805年 ナポリ
La musicomania 1幕 1806年 パリ René-Charles Guilbert de Pixérécourt
Il vascello l'Occidente 2幕 1814年6月14日 ナポリ、フォンド劇場 アンドレア・レオーネ・トットラ
La gelosia ossia Mariti aprite gli occhi 1幕 1815年 ナポリ、Teatro San Giovanni dei Fiorentiniの謝肉祭 アンドレア・レオーネ・トットラ
Gabriella di Vergy 2幕 1816年7月3日 ナポリ、Teatro San Giovanni dei Fiorentini アンドレア・レオーネ・トットラ
Ifigenia in Tauride 2幕 1817年6月19日 ナポリ、サン・カルロ劇場
Adele di Lusignano 2幕 1817年9月27日 ミラノスカラ座 フェリーチェ・ロマーニ
Berenice in Siria 2幕 1818年7月29日 ナポリ、サン・カルロ劇場 アンドレア・レオーネ・トットラ
Elisabetta in Derbyshire ossia Il castello di Fotheringhay 2幕 1818年12月26日 ヴェネツィアフェニーチェ劇場 アントニオ・ペラッキ
フリードリヒ・フォン・シラーの戯曲(1802年)に基づく[1]
Il sacrifizio d'Epito 2幕 1819年12月26日 ヴェネツィア、フェニーチェ劇場 Dalmiro Tindario
I due figaro o sia Il soggetto di una commedia 2幕 1820年6月6日 ミラノ、スカラ座 フェリーチェ・ロマーニ
La festa di Bussone 2幕 1820年6月20日 ミラノ、レ劇場 シルヴィオ・ペッリコ英語版
Jeanne d'Arc ou La Délivrance d'Orléans 3幕 1821年3月10日 パリ、オペラ=コミック座 エマニュエル・テオロン英語版アルマン・ダルトワドイツ語版
La Capricciosa ed il soldato o sia Un momento di lezione 2幕 1821年12月26日 ローマ、アポロ劇場 ヤコポ・フェレッティ英語版
Le Solitaire 3幕 1822年8月22日 パリ、オペラ=コミック座 ウジェーヌ・ド・プラナールフランス語版
Eufemio di Messina 2幕 1822年12月26日 ローマ、アルゲンティーナ劇場 ヤコポ・フェレッティ
Abufar, ossia La famiglia araba 1823年6月28日 ウィーンケルントナートーア劇場 ジュゼッペ・フェリーチェ・ロマーニ
Le Valet de chambre 1幕 1823年9月16日 パリ、オペラ=コミック座 ウジェーヌ・スクリーブメルヴィーユ英語版
Tamerlano 未発表
L'Auberge supposé 3幕 1824年4月26日 パリ、オペラ=コミック座 ウジェーヌ・ド・プラナール
Il sonnambulo 2幕 1824年11月13日 ミラノ、スカラ座 ジュゼッペ・フェリーチェ・ロマーニ
La Belle au bois dormant 3幕 1825年3月2日 パリ、オペラ座 ウジェーヌ・ド・プラナール
Gl'Italici e gl'Indiani 1幕 1825年10月4日 ナポリ、サン・カルロ劇場 アンドレア・レオーネ・トットラ
Il paria 2幕 1826年2月4日 ヴェネツィア、フェニーチェ劇場 ガエターノ・ロッシ英語版
Sangarido ou Le Manteau blanc 1幕 1827年5月19日 パリ、オペラ=コミック座 ウジェーヌ・ド・プラナール、ジャン・バティスト・ペリシエ(Laqueyrieと呼ばれた)
Les Deux Figaro ou Le Sujet de comédie 3幕 1827年8月22日 パリ、オデオン座 ヴィクトル・ティルペン(Victor Tirpenne)
Masaniello ou le Pêcheur napolitain 4幕 1827年12月27日 パリ、オペラ=コミック座 シャルル・フランソワ・ジャン・バティスト・モロー・ド・コマニー(Charles François Jean Baptiste Moreau de Commagny)、A. M. ラフォルテル(Lafortelle)
La Violette ou Gérard de Nevers 3幕 1828年10月7日 パリ、オペラ=コミック座 ウジェーヌ・ド・プラナール
Jenny 3幕 1829年9月26日 パリ、オペラ=コミック座 ジュール=アンリ・ヴェルノワ・ド・サン=ジョルジュ
Le nozze di Lammermoor 2幕 1829年12月12日 パリ、イタリア座英語版 ルイジ・バロッキイタリア語版
L'Auberge d'Auray 1幕 1830年5月11日 パリ、オペラ=コミック座 シャルル・フランソワ・ジャン・バティスト・モロー・ド・コマニー、J. B. Rose Bonaventure Violet d'Epagny
Le Livre de l'ermite 2幕 1831年8月11日 パリ、オペラ=コミック座 ウジェーヌ・ド・プラナール、ポール・デュポール
La Marquise de Brinvilliers
フランソワ・オーベールデジレ=アレクサンドル・バトンアンリ・モンタン・ベルトンフェリーチェ・ブランジーニフランソワ=アドリアン・ボイエルデュールイジ・ケルビーニアンドレ=フェルディナンド・エロルドフェルディナンド・パエールとの合作
3幕 1831年10月31日 パリ、オペラ=コミック座 オーギュスト・ウジェーヌ・スクリーブ、カスティル=ブラーズ英語版
La prison d'Edimbourg 3幕 1833年7月20日 パリ、オペラ=コミック座 オーギュスト・ウジェーヌ・スクリーブ、ウジェーヌ・ド・プラナール
La Maison du rempart ou Une journée de la fronde 3幕 1833年11月7日 パリ、オペラ=コミック座 メルヴィーユ
La Grande Duchesse 4幕 1835年11月16日 パリ、オペラ=コミック座 メルヴィーユ、ピエール=フランソワ・カムドイツ語版
Thérèse 2幕 1838年9月26日 パリ、オペラ=コミック座 ウジェーヌ・ド・プラナール、アドルフ・ド・ルーヴェン英語版
Les Premiers Pas;
アドルフ・アダン、フランソワ・オーベール、ジャック・アレヴィと合作
プロローグと1幕 1847年11月15日 パリ、オペラ座 アルフォンス・ロワイエ、ギュスターヴ・ヴァエズ英語版

出典[編集]

  1. ^ Weatherson.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]