ミカシキヤヒメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミカシキヤヒメは、日本神話に登場する女神。『日本書紀』では三炊屋媛、鳥見屋媛、長髄媛、『古事記』では登美夜毘売と記する。御炊屋姫、櫛玉姫命、櫛玉比女命、櫛玉比売命、などとも表記される。

長髄彦の妹で、饒速日の妻となる。饒速日との間に物部氏穂積氏らの祖先神である、可美真手を生んだ。

関連項目[編集]