ミカエル・マニケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミカエル・マニケ Football pictogram.svg
名前
愛称 マンネ (Manne)
ラテン文字 Michael Manniche
基本情報
国籍  デンマーク
生年月日 (1959-07-17) 1959年7月17日(58歳)
出身地 コペンハーゲン
身長 196cm
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1977-1980 デンマークの旗 ブレンスホイ  ? (20)
1980-1983 デンマークの旗 ヴィドーヴェ 77 (23)
1983-1987 ポルトガルの旗 ベンフィカ 89 (47)
1987-1992 デンマークの旗 B 1903 128 (47)
1992-1994 デンマークの旗 コペンハーゲン 37 (7)
1996 デンマークの旗 コペンハーゲン 3 (0)
代表歴
1981-1987 デンマークの旗 デンマーク 11 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミカエル・マニケ(Michael Manniche, 1959年7月17日 - )は、デンマーク出身の元サッカー選手である。FWとして活躍し、ポルトガルベンフィカでは「生ける伝説」の一人として讃えられている[要出典]

経歴[編集]

1977年ブレンスホイBKデンマーク語版でサッカー選手としてのキャリアをスタートさせ、1980年ヴィドーヴェIFデンマーク語版に移籍した。すると同年のデンマークカップ、また翌年のデンマーク・チャンピオンシップでクラブの優勝に貢献し、1981年8月フィンランド代表戦でデンマーク代表デビューを果たした。

1983年にポルトガルの強豪で、当時国内リーグ連覇を目指していたSLベンフィカへ、自身初の国外移籍をした。マニケは移籍初年度からクラブのリーグ連覇に貢献すると、1985年のタッサ・デ・ポルトガル決勝でFCポルト相手に2ゴールを挙げ、優勝へ導くなどの活躍を見せた。ベンフィカでは、132試合出場で75ゴールを挙げた。

1987年に母国デンマークへ戻り、ボルドクルッベン1903デンマーク語版へ入団。1992年7月1日にボルドクルッベン1903がコペンハーゲン・ボルドクラブと合併し、FCコペンハーゲンとなった後も引き続き在籍し、合併初年度のデンマーク・スーペルリーガ制覇に貢献した。1994年4月17日にいったん現役引退し、小さなアマチュアクラブのコーチを務めていたが、1996年に古巣・コペンハーゲンのコーチとして招聘された。ところが、この年クラブが成績不振に陥ったため、マニケは37歳にして急きょ現役復帰し、4試合に出場した。FCコペンハーゲンでは49試合に出場し、12ゴールを挙げた。

ポルトガル代表ヌーノ・リカルド・オリベイラ・リベイロのニックネーム「マニシェ」は、彼に因んでつけられたものである(一部サポーターはマニシェのことをマニケと呼ぶこともある)。

獲得タイトル[編集]

ヴィドーヴェIF
SLベンフィカ
FCコペンハーゲン