ミオドラグ・ライコビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミオドラグ・ライコビッチ
Miodrag Rajković
PLK Rajković.jpg
西宮ストークス HC
役職 ヘッドコーチ
--
--
基本情報
本名 Miodrag Rajković
ラテン文字 Miodrag Rajković
セルビア語 Миодраг Рајковић
誕生日 (1971-03-08) 1971年3月8日(48歳)
セルビアの旗 セルビア
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア セルビア
ベオグラード
出身 ベオグラード大学
ドラフト  
指導者経歴
2009–2010
2011–2012
2012–2015
2017-2018
2018-
セルビアの旗Mega Vizura
ポーランドの旗Śląsk Wrocław
ポーランドの旗 Turów Zgorzelec
日本の旗 富山グラウジーズ
西宮ストークス

ミオドラグ・ライコビッチ(Miodrag Rajković、セルビア語標記: Миодраг Рајковић,1966年2月18日 - )は、ユーゴスラビア (現:セルビア)・ベオグラード出身のバスケットボール指導者[1][2] 。2017年よりBリーグ富山グラウジーズでヘッドコーチを務めた[3]

経歴[編集]

2007年、U-19セルビア代表のアシスタントコーチとして世界選手権の優勝に貢献し、2013-14年にはポーランドリーグのチームでHCを務め、チームを優勝に導いた。2017年にはNBAサマーリーグミルウォーキー・バックスのACを務めた[4]

Bリーグ[編集]

2017年よりBリーグ富山グラウジーズでヘッドコーチを務める[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ Rajković w ślady Rajkovicia czy... głupoty?”. przegladsportowy.pl. 2015年11月16日閲覧。
  2. ^ MIODRAG RAJKOVIC IS A NEW COACH OF JUNIOR TEAM”. bcmegabasket.net. 2016年1月25日閲覧。
  3. ^ ミオドラグ・ライコビッチ”. grouses.jp (2017年). 2017年11月25日閲覧。
  4. ^ 新HCにライコビッチ氏 ACにはテーブス氏”. yomiuri.co.jp (2017年7月11日). 2017年11月25日閲覧。
  5. ^ 2017-18シーズン 新ヘッドコーチならびに新チーム体制決定のお知らせ”. grouses.jp (2017年7月10日). 2017年11月25日閲覧。
  6. ^ 富山の新指揮官が決定、新ACにはSR渋谷を率いたテーブス氏が就任”. basketballking.jp (2017年7月11日). 2017年11月25日閲覧。

外部リンク[編集]