ミア・セント・ジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミア・セント・ジョン
Mia St John 1.jpg
基本情報
本名 Mia Rosales St. John
通称 The Knockout
階級 ライト級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1967-06-24) 1967年6月24日(49歳)
出身地 カリフォルニア州サンフランシスコ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 63
勝ち 47
KO勝ち 18
敗け 14
引き分け 2
テンプレートを表示

ミア・ロゼイルズ・セント・ジョンMia Rosales St. John1967年6月24日 - )は、アメリカ合衆国女性プロボクサー総合格闘家。他にテコンドーチャンピオン・モデル実業家の顔も持つ。カリフォルニア州サンフランシスコ出身。

来歴[編集]

ボクサーデビュー前[編集]

カリフォルニア州立大学ノースリッジ校では黒帯を獲得するなどテコンドー選手として活躍する一方、学費を稼ぐためモデルの仕事もしていた。

卒業後の1991年、俳優のクリストフ・セント・ジョンと結婚。1男1女をもうけるが、1995年離婚。

ボクサーデビュー後[編集]

プロボクサーとしてのデビューは1997年2月14日。29歳と遅咲きであったが、1回54秒KO勝ちでデビューを飾る。そこから「The Knockout」のニックネームをもらう。

その後、ドン・キングのプロモートを受け、オスカー・デ・ラ・ホーヤの前座で戦い注目を集める。23戦で22勝1分けと無敗を維持するとともに12KOを量産する。

だが、2001年にキングとの契約が満了になると、11月9日のロランダ・アンドリュース戦でまさかの2回TKOを喫し、ボクサーキャリアとして初の敗北となった。

これを受けて、新トレーナーの元で再起を図り、4連勝。4戦目はTKO勝利となった。

そして2002年12月6日、女子ボクシングのパイオニアであるクリスティ・マーチンと対戦。結果は0-3の判定負け。

2003年9月19日、後のWBC女子世界王者オリビア・ゲルーラと対戦。結果はドロー。

2004年4月15日、後のWBC世界王者ジェシカ・ラーコーツィと戦い0-3の判定負け。2005年2月10日に再戦も今度は2RTKO負け。

初の世界王座[編集]

2004年6月12日、リズ・ドリューとのIFBA世界ライト級タイトルマッチに挑む。3-0判定で制しデビュー8年48戦目で念願の初タイトルを奪取した。

2004年8月20日、北京でドナ・ビガーズを退け初防衛。

世界王座陥落 - 再起[編集]

しかし、2004年12月8日、ホリー・ホルムに3者フルマークで敗れ王座陥落。

2006年4月1日、シェルビー・ウォーカーを3回TKOで下し、再起に成功。

6月23日にジェレーナ・ムルジェノビッチとのWIBF王座決定戦に挑むが判定負け。

続く2007年2月9日のジェイミー・クランピットとのIWBF王座決定戦も敗退。

2008年6月14日、エイミー・ユラトヴァックとのWBC女子インターナショナルウェルター級王座決定戦に2-0で勝利。

続く12月20日にダリス・パルドに勝利してWBC女子インターナショナルライト級王座を奪取。WBCインター2階級制覇達成。

2009年4月4日、ブルック・ディアドルフに敗れWBCインターライト級王座陥落。

2010年3月20日、アウェーのドイツでローラ・エル・ハラビの持つWIBA・WIBFライト級王座に挑むが5回TKO負け。KO負けは5年ぶり3度目。

10月16日、再起戦としてタミー・フランクスに判定勝利。

WBC王座獲得[編集]

2012年8月14日、空位のWBC女子世界スーパーウェルター級王座決定戦としてクリスティ・マーチンと10年ぶりのリマッチを果たし、3-0判定勝利でリベンジを果たしWBC王座も獲得した。女子ボクシング史上最年長で男子を含めてもバーナード・ホプキンスジョージ・フォアマンに次ぐ第3位となる45歳1ヶ月での世界王座奪取となった。試合後、両者とも引退を表明した[1](後に撤回)。

WBC王座陥落[編集]

2012年11月10日、ティファニー・ジュノ相手に防衛戦を行うが、0-3判定で敗れ王座陥落。

2013年4月13日、WBA・WBC・WBO女子世界ウェルター級王者セシリア・ブレークフスに挑むが3回TKO負け。試合後に引退も囁かれたが[2]、後に否定し再起へ向けてトレーニングを再開した[3]

2014年5月17日、WIBA世界ウェルター級王者トリー・ネルソンに挑むが2回TKO負け。

エピソード[編集]

  • 1999年11月のPLAYBOYで表紙と11ページのグラビアを飾った。
  • 2012年に新体制となったK-1ではスパイクが制作するインターネット中継のコメンテーターに就任し、10月14日の両国国技館大会で来日もしている[4]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
1 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
1 1 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ロンダ・ガレゴス 1R 0:44 KO(パンチ連打) X-1 Events: Champions 2008年1月26日

ボクシング[編集]

  • 63戦 47勝 18KO 14敗 2分け

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
マリーシャ・スジョー
第4代IFBA世界ライト級王者

2005年6月12日 - 2005年

空位
次タイトル獲得者
チーベル・ホールバック
空位
前タイトル保持者
クリスティ・マーチン
第3代WBC女子世界スーパーウェルター級王者

2012年8月14日 - 2012年11月10日

次王者
ティファニー・ジュノ