マーンドゥー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーンドゥー

マーンドゥーヒンディー語:माण्डू, 英語:Mandu)は、インドマディヤ・プラデーシュ州ダール県の都市。マールワー・スルターン朝の首都でもあった。

歴史[編集]

マーンドゥーに入城するムガル帝国軍(アクバル・ナーマ

1401年ティムールデリーを占領したのち、マールワー総督のディラーワル・ハーン・ゴールは中央から独立しようとし、1407年に独立に成功した。マーンドゥーはマールワー・スルターン朝の首都となり、巨大な城塞も建設された[1]

1531年3月28日グジャラート・スルターン朝の君主バハードゥル・シャーはマーンドゥーを落とし、マールワー・スルターン朝を滅亡させた。

その後、スール朝の支配を経て、バーズ・バハードゥルがマーンドゥーを拠点にマールワー・スルターン朝を事実上再興したが、1561年ムガル帝国の軍勢に前にその支配を失った。

1732年、マーンドゥーはマラーター王国宰相バージー・ラーオによって征服された。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]