マーティン・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーティン・ストーン
Martin Stone.jpg
プロフィール
リングネーム マーティン・ストーン
ダニー・バーチ
ジョー・ライオット
本名 マーティン・ハリス
ニックネーム エンフォーサー
ガバナー
身長 183cm
体重 110kg
誕生日 1981年12月31日(34歳)
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
トレーナー ドロップキックス
FWAアカデミー
デビュー 2003年
テンプレートを表示

マーティン・ハリスMartin Harris1981年12月31日 - )は、イングランドプロレスラーロンドン出身[1]

来歴[編集]

インディー団体[編集]

2003年、プロレスラーになるためにドロップキックスFWAアカデミーにてトレーニングを積み、同年にASW(All Star Wrestling)にてジョー・ライオットJoe Riot)のリングネームでプロレスラーデビューを果たした。後にリングネームをマーティン・ストーンMartin Stone)に変更[2]イギリス国内のインディー団体に参戦し、2004年にはベテランレスラーのスティックスとスティックス・アンド・ストーン(Stixx and Stone)なるタッグチームを結成してタッグ戦線で活動[3]

IPW:UK(International Pro Wrestling: United Kingdom)、1PW(One Pro Wrestling)、RQW(Real Quality Wrestling)などの団体に転戦し、2007年4月に世界各国の団体のレスラーたちが集まったトーナメントであるキング・オブ・ヨーロッパカップ2007にRQW代表として出場。1回戦でNOAH代表の潮崎豪と対戦して敗戦。予選落ちとなった。同年9月にはドイツの団体であるwXwに参戦し、ダグラス・ウィリアムスとタッグを組んでwXw世界タッグ王座を獲得。

2008年2月、CHIKARAにて開催されたトリオタッグトーナメント、キング・オブ・トリオにザ・カーテル(テリー・フレイザー & シャー・サミュエルズ)と組んでザ・ファームThe Firm)なるユニットを結成[4]。イギリス代表として出場するが2回戦で敗退した[5]

2010年2月、FWA(Frontier Wrestling Alliance)にてFWA世界ヘビー級王座を獲得後、アメリカのメジャー団体に参戦することを視野に入れ、イギリスのファン達の声援に相反して裏切るような行為を続けヒールに転向し、ジ・アジェンダ(The Agenda)なる大型ユニットのリーダーとして悪事の限りを尽くし暴れ回った[6]

WWE[編集]

FCW / NXT[編集]

2012年WWEとディベロップメント契約を交わし入団[7]。傘下団体であるFCWにてダニー・バーチDanny Burch)のリングネームで所属。8月にはFCWと新人発掘番組であるNXTが統合した新生NXTに移行。出場機会が多かったものの2014年4月、WWEから解雇となった[8]

インディー団体[編集]

WWE解雇後、2014年5月25日、RPW(Revolution Pro Wrestling)にてリングネームをマーティン・ストーンへと戻して出場。アンディ・ボーイ・シモンズと対戦して勝利した。6月15日、RPW Summer Sizzler 2014にてWWE時代に共に活動したジョエル・レッドマンイングランズ・コーリング(England's Calling)なるタッグチームを結成し、RPWブリティッシュタッグ王座を保持するザ・カーテルに挑戦。勝利してベルトを奪取した[9]。8月、TNAがイギリスにて行ったブリティッシュブートキャンプに参加[10]。10月19日、RPW Okada vs Ariesにて新日本プロレス所属のカール・アンダーソンと対戦して勝利[11]。同月26日、古巣であるIPW:UKのLast Man Standing 2014に参戦し、IPW:UK世界王座を保持するジョン・クリンガーと対戦して勝利し、ベルトを奪取した[12]

2015年1月、活動の拠点をアメリカへと移す。同月9日、フロリダを拠点とするFIP(Full Impact Pro)にてマイケル・ターヴァーMSLユニバース(MSL Universe)なるタッグチームを結成し、ジェネレーション・ジェネシス(ジェフ・ブーム & ミッチ・ミッチェル)と対戦して勝利[13]。2月16日、TNAのワンナイトオンリーPPVであるGut Checkに出場。1試合目にジェシー・ゴッダーズと対戦して勝利し、メインイベントの勝者はTNA入団候補となる5wayエリミネーション・マッチを行うがショーン・リッカーによりフォールされ敗戦した[14]。同月21日、アファ・アノアイペンシルベニア州にて主宰するWXW(World Xtreme Wrestling)にWWE時代の同僚であるジョディ・クリストファーソンソン・オブ・ザ・アスレティック(Sons of the Atlantic)なるタッグチームを結成[15]。5月2日、WXWタッグ王座を保持するMM's (ナパーム・ボム & ソロ)に挑戦して勝利し、ベルトを奪取した[16]。7月29日、WWE・NXTに参戦。ケビン・オーウェンスと対戦するがダイビング・セントーンからポップアップ・パワーボムへと繋がれて敗戦[17]。9月2日、アポロ・クルーズと対戦。クルーズの体当たりを避けてランニングラリアットを喰らわせて倒し、クルーズのポーズを真似るアピールを見せるが最後にスタンディング・シューティング・スタープレスを決められ敗戦した[18]

得意技[編集]

フィニッシャー。ロープハング・スパイクDDT

獲得タイトル[編集]

WXW
  • WXWタッグ王座 : 1回
w / ジョディ・クリストファーソン
FUW
  • NWA FUWフラッシュ王座 : 1回
IPWUK
  • IPW:UK世界王座 : 1回
RPW
  • RPWブリティッシュタッグ王座 : 1回
w / ジョエル・レッドマン
FWA
  • FWA世界ヘビー級王座 : 1回
  • FWA世界タッグ王座 : 1回
w / スティックス
1PW
  • 1PW世界ヘビー級王座 : 1回
RQW
  • RQWヘビー級王座 : 1回
wXw
  • wXw世界タッグ王座 : 1回
w / ダグラス・ウィリアムス

他、イギリス国内のインディー団体を中心に多数のタイトルを獲得。

脚注[編集]

  1. ^ Martin Stone”. Online World of Wrestling. 2015年9月5日閲覧。
  2. ^ International Pro Wrestling: United Kingdom - Profile”. ipwuk.com. 2015年10月11日閲覧。
  3. ^ Stixx & Stone”. Wrestlingdata.com. 2015年10月11日閲覧。
  4. ^ The Firm”. Wrestlingdata.com. 2015年10月11日閲覧。
  5. ^ CHIKARA Pro King of Trios 2008 Review, 2/29 – 3/1/08”. Insidepulse.com. 2008年3月4日閲覧。
  6. ^ The Agenda”. Wrestlingdata.com. 2015年10月11日閲覧。
  7. ^ Backstage Update: New WWE Developmental Talents”. WZRonline.com. 2012年8月23日閲覧。
  8. ^ Breaking News: WWE Releases 4 NXT Talents – One Former Main Roster Name & the Daughter of a Current Star”. Wrestlezone.com. 2014年4月30日閲覧。
  9. ^ RPW Summer Sizzler 2014 Review”. Awesome Inc. 2014年6月15日閲覧。
  10. ^ More Names Confirmed For TNA British Boot Camp”. TNAinsider.com. 2014年7月30日閲覧。
  11. ^ RPW Results: Okada vs. Aries – London, England (10/19)”. Wrestling-News.net. 2014年10月20日閲覧。
  12. ^ Results from "IPW:UK Last Man Standing 2014"”. ipwuk.com. 2014年10月26日閲覧。
  13. ^ FIP 01/09/15 Kickoff 2015 Results”. Pwponderings.com. 2015年1月10日閲覧。
  14. ^ ** SPOILERS ** TNA One Night Only: Gutcheck Pay-Per-View Tapings”. Wrestlinginc.com. 2015年2月17日閲覧。
  15. ^ Sons of the Atlantic”. Cagematch.net. 2015年10月11日閲覧。
  16. ^ WXW”. Cagematch.net. 2015年5月2日閲覧。
  17. ^ WWE NXT results - July 29, 2015: Vaudevillains' championship dreams dashed by Alexa Bliss, Kevin Owens goes on rampage”. WWE.com. 2015年7月29日閲覧。
  18. ^ WWE NXT results - Sept. 2, 2015: Dusty Rhodes Tag Team Classic kicks off as Neville and The Ascension return”. WWE.com. 2015年9月2日閲覧。

外部リンク[編集]