マージ・ショット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マージ・ショットMargaret Unnewehr Schott , 1928年8月18日 - 2004年3月2日)は、アメリカメジャーリーグシンシナティ・レッズの元オーナー。1985年から1999年までレッズのオーナーを務めた。大リーグ2番目の女性オーナーであった。(最初の女性オーナーはニューヨーク・メッツの初代オーナーであるジョーン・ホイットニー・ペイスン

生涯[編集]

オハイオ州シンシナティ生まれ。父親は林業を勤しむ先住民出身の裕福な人物だった。マージはやはり裕福なショット家のチャールズと1952年に結婚。自動車販売業などの事業に興味を覚えた。

彼女は以前からシンシナティ・レッズのファンで、1963年には子供病院で開いたチャリティに選手を招待もしている。1981年からは球団の株式を持ち始め、1984年には議決権を行使するに充分な比率を確保。1985年には球団の社長兼CEOに就任し、ここに女性初の大リーグオーナーが誕生した。チケットや観客席で売られるホットドッグの価格を抑えたり、地区に優先的に振り分けるなど、彼女の地域を重視した球団運営はファンに評価された。

金銭を惜しまない姿勢は選手にも及び、活発なトレードでは高い報酬を期待させた。ただ、口の悪さは既に耳目を集めていた。故障者リストに載った選手への報酬を払う必要性を公然と認めず、マーク・ポルトガルについて「私はあの男の(ただベンチに)座るケツのために400万ドルを払ってるんじゃないわよ!」と不満を垂らした。また彼女は、ファームへの投資には積極的でなかった。

2001年には長年の喫煙が災いし、呼吸不全を起こしていた。2003年には、一部で風邪の調子が悪かったためとも言われたが、肺炎で2度入院していた。2004年からは長期入院していたが、3月2日に死去した。

論争[編集]

マージは、野球界においてよく論争を巻き起こし、偏屈な人物の一人として注目を集めた。

関連項目[編集]