マーシャル・ストーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マーシャル・ハーヴィー・ストーンMarshall Harvey Stone, 1903年4月8日 - 1989年1月9日)はアメリカ数学者関数解析ブール代数等に関する業績で知られ、ストーンの表現定理、ストーン空間にその名を残す。

原子爆弾の投下で終結した太平洋戦争中に米国の第12代最高裁判所長官を務めたハーラン・フィスク・ストーン(Harlan Fiske Stone, 1872-1946) の息子。指導教官はフランスの物理学者のポアンカレ[1]の不動点定理を一般の場合に拡張したポアンカレ=バーコフの定理の定理で知られるジョージ・デビット・バーコフ[2]

概要[編集]

連邦司法長官、連邦最高裁長官を歴任した高名な法律家ハーラン・フィスク・ストーンの子として、ニューヨークに生まれる。父のような法律家になることを嘱望され、ロースクールに進むつもりで1919年ハーヴァード大学に入学。しかし次第に法律よりも数学への興味をふくらませ、数学者を志すようになる。1926年ジョージ・デビット・バーコフの指導のもと、線型常微分方程式に関する論文で博士号を取得。1925年にコロンビア大学講師となり、1927年にはハーヴァード大学講師となり、その後イェール大学準教授 (1931年 - 1933年)、ハーヴァード大学準教授 (1933年 - 1937年) を経て、1937年にハーヴァード大学教授となった。

1929年ごろより、ヒルベルト空間における自己随伴作用素(self-adjoint operator)に関する研究を始め、その成果は1932年に発表された大著[3]にまとめられた。また、1930年にはストーン=フォン・ノイマン一意性定理を証明している。

1932年にはスペクトル理論に関する業績も発表し、1934年、これに関連してブール代数に関する2本の論文を発表。このなかで、現在「ストーンの表現定理」と呼ばれているものを証明した。またこのころ、ワイエルシュトラスの多項式近似定理を一般化しており、これは現在「ワイエルシュトラス=ストーンの定理」として知られている。

第二次世界大戦中は海軍作戦本部および陸軍省で極秘任務に従事。1943年から1944年にかけてはアメリカ数学会会長を務めている。1946年にはハーヴァード大学を去り、シカゴ大学数学部の学部長に着任。シカゴ大学では学部のスタッフ充実化に力を注ぎ、アンドレ・ヴェイユソーンダース・マックレーンらを迎えることに成功する。1952年からは学部長をマックレーンに譲り、1968年に退官。その後は1980年までマサチューセッツ大学で教えた。また、1952年から1954年にかけては、国際数学連合会長にも選ばれている。

ストーンは大の旅行好きとしても知られ、1989年(平成元年)、インドマドラスで客死した。

脚注[編集]

  1. ^ ポアンカレ予想などにその名を残している。なお、ポアンカレ予想は、2000年代に入ってから、ロシアの数学者グリゴリー・ペレルマンによって解かれたと言われる。
  2. ^ そのジョージ・デビッド・バーコフの息子が、束論の分野の権威であったガーレット・バーコフである。
  3. ^ Marshall Harvey Stone (1932). Linear Transformations in Hilbert Space and Their Applications to Analysis. AMS (ヒルベルト空間における線形変換とその解析学への応用)

関連項目[編集]