マーサ・チェイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーサ・チェイス(1953年)

マーサ・カウルズ・チェイス(Martha Cowles Chase、1927年11月30日 - 2003年8月8日)は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身の遺伝学者である。

父サミュエル・チェイスはケース・ウェスタン・リザーブ大学医学部の教授で、ルースという名の妹がいた[1]1950年ウースター大学より学士号を取得し、1952年コールド・スプリング・ハーバー研究所で助手として働いていたチェイスはT2ファージ大腸菌を用いてウイルスが複製するためにはDNAのみが必要であることをカーネギー研究所の遺伝学者アルフレッド・ハーシーと共に証明した[2]ハーシーとチェイスの実験)。

1953年、テネシー州オークリッジ国立研究所に職を得る。その後、ロチェスター大学でも奉職した。1950年代の間、チェイスはコールド・スプリング・ハーバー研究所のファージ・グループ英語版に属する生物学者による学会に度々出席した。

1959年に南カリフォルニア大学大学院入学。科学者リチャード・エプスタインと結婚し、マーサ・C・エプスタインと改名したが、1年と経たないうちに離婚した[1]1964年、南カリフォルニア大学より博士号を取得し、その後も同大学で研究を続けたが、私生活と研究生活の苦労から過度の飲酒と喫煙をするようになり、健康を害した。1960年代後半に病気と研究職から解雇されたことを理由にクリーブランド・ハイツ英語版の実家に戻った。

亡くなるまでの数十年間認知症を患い、作動記憶の喪失に苦しんだ。2003年、オハイオ州のロレインにて肺炎で死亡した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b The Mad Science Blog: Gender Bias in Science, Part IV: Martha Chase
  2. ^ 微生物学で最も重要な大発見
  3. ^ Dawson, Milly (2003-08-20). "Martha Chase dies"

関連項目[編集]