マーク (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マーク(mark)とは、プロレスを真剣勝負(リアル)であると認識し、物語(ストーリー)も実際のものであると認識するファン層を示すプロレスにおける隠語である。 ケーフェイの存在を認識していないファンは、マークとされる。 対義語はスマート(smart)。

概要[編集]

幼年者に多いとされるが、成人のマークも存在する。 しかし、日本では以下の理由により、その勢力は急速に低下している。

また、プロレス会場における日米の感情表現の違いから、アメリカ人にはマークが多いと日本では言われている。 しかし、1990年代前半にUsenetのRec.Sport.Pro-Wrestlingでは、プロレスの試合には打ち合わせ済みの決着(predetermined outcome)が19世紀から存在したことをFAQに明記していたのに対し、同時期の日本では同様の話題に関するフレームが多発しており、一概にアメリカ人にマークが多いとは断定できない。

日本のマーク[編集]

日本では一部のプロレスのみをリアルと認識しているマークが多い。 例えば、現在のアメリカン・プロレスはリアルではないが、日本のプロレスは別物と考えるマークなどである。 これは、マーク向け専門誌が、力道山ジャイアント馬場らが修行した1950年代、1960年代のアメリカン・プロレスを持ち上げる一方で、日本との関係が薄くなった1980年代以降のアメリカン・プロレスを堕落したものとして紹介した影響である。

プロレスに対して偏った認識を持つマークの存在は、しばしばファン同士の誹謗・中傷の原因となっている。

ストロングスタイルを標榜した新日本プロレスはマークの取り込みに極めて積極的である。 そのため、1980年代には、ファンが悪役のペットを虐待したり[1]、公演内容への不満から会場へ放火を試みる[2]などの事件を起こしたほどであった。 しかし、近年はマーク層の減少に伴って観客動員を減らしている。

また、1980年代以降に登場したUWF系団体は、ノックアウト、ギブアップによる完全決着を売物にしたプロレスを行い、マーク層の支持を得ることに成功した。 これは、当時の老舗団体がプロレスラーの格に配慮し、両者リングアウト、乱入などの不透明決着を乱発したことが原因で、プロレスの仕組みを理解しきれないマークがフラストレーションを感じていたためである。 UWF系団体の完全決着を重視するスタイルは、老舗団体であった新日本プロレス、全日本プロレスにも影響を与えた。

脚注[編集]

  1. ^ 1981年に「はぐれ国際軍団」として新日本プロレスに登場したラッシャー木村
  2. ^ 1984年の蔵前国技館。1987年の大阪城ホール両国国技館