マーク・ブダスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーク・ブダスカ
Mark Budaska
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州マーサー郡シャロン英語版
生年月日 (1952-12-27) 1952年12月27日(64歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 左投両打
ポジション 外野手
プロ入り 1973年 アマチュア・フリーエージェントとしてオークランド・アスレチックスと契約
初出場 MLB/1978年6月6日
NPB/1982年
最終出場 MLB/1981年8月18日
NPB/1982年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マーク・デビッド・ブダスカMark David Budaska, 1952年12月27日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州マーサー郡シャロン英語版出身の元プロ野球選手外野手)、野球指導者。左投両打。現在はMLBセントルイス・カージナルス傘下のAAA級メンフィス・レッドバーズで打撃コーチを務める。

経歴[編集]

1973年5月11日オークランドアスレチックスとマイナー契約。

1978年にメジャーデビュー。

1982年に当時の横浜大洋ホエールズに入団。登録名はマーク。同年で解雇。

帰国後は、カリフォルニア州マリナ・デル・レイで、ダイヤモンドの輸入・カット業を営む[1]

1991年には、映画『ドリーム・ゲーム/夢を追う男』に出演した。

1998年からは台湾に渡り、高屏生活雷公1999年まで)と嘉南勇士2000年のみ)でコーチを歴任した。

2001年からはアメリカに戻ってボストン・レッドソックス傘下やセントルイス・カージナルス傘下などのマイナーでコーチを務めた。

2017年6月9日、家庭の事情により休養したカージナルスの打撃コーチ補佐のビル・ミラーの代行となり[2][3]、約2週間後の27日にミラーが復帰するまで務めた(以降はAAA級メンフィス・レッドバーズの打撃コーチに復帰)[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1978 OAK 4 5 4 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .250 .400 .500 .900
1981 9 36 32 3 5 1 0 0 6 2 0 1 0 0 4 0 0 10 0 .156 .250 .188 .438
1982 大洋 86 256 212 18 44 5 0 3 58 17 1 2 1 1 21 3 1 59 0 .208 .281 .274 .555
MLB:2年 13 41 36 3 6 2 0 0 8 2 0 1 0 0 5 0 0 12 0 .167 .268 .222 .490
NPB:1年 86 256 212 18 44 5 0 3 58 17 1 2 1 1 21 3 1 59 0 .208 .281 .274 .555

背番号[編集]

  • 17(1978年)
  • 13(1981年 - 同年途中)
  • 15(1981年途中 - 同年終了)
  • 34(1982年)
  • 79(2017年)

脚注[編集]

  1. ^ 小川勝『プロ野球助っ人三国志』毎日新聞社、1994年、ISBN 4620310069
  2. ^ Jenifer Langosch (2017年6月9日). “Peralta DFA'd as Cards shuffle roster, coaches” (英語). MLB.com. 2017年6月13日閲覧。
  3. ^ 低迷カージナルス大なた 球宴3度のペラルタ戦力外”. 日刊スポーツ (2017年6月10日). 2017年6月13日閲覧。
  4. ^ Jenifer Langosch (2017年6月9日). “Diaz working hard to fix hitting deficiencies” (英語). MLB.com. 2017年12月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]