マーク・フィッシャー (理論家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マーク・フィッシャー(Mark Fisher 1968年‐2017年)はイギリス批評家、ウォーリック大学で博士号を取得した後、英国継続教育カレッジ、およびゴールドスミス・カレッジ視覚文化学科で客員研究員・講師を務める。2017年1月逝去。 ウォーリック大学に在籍中、哲学者のニック・ランドとセイディ・プラントとともに学生主体の組織CCRU(サイバネテッィクス文化研究ユニット)の設立に携わった。


著書  ・『資本主義リアリズム』セバスチャン・ブロイ、河南瑠莉訳、堀之内出版、2018年