マーク・ウォーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マーク・ウォーナー
Mark Warner
Mark Warner, official 111th Congress photo portrait.jpg
生年月日 1954年12月15日
出身校 ジョージ・ワシントン大学
前職 携帯電話会社経営
所属政党 民主党
サイン Mark Warner Signature.svg
テンプレートを表示

マーク・ウォーナー(マーク・ロバート・ウォーナー Mark Robert Warner.、1954年12月15日 - )はアメリカ合衆国政治家実業家。所属は民主党

携帯電話の事業で成功した後政界に転じる。1996年の連邦上院選挙に出馬、現職の共和党ジョン・ウォーナーに惜敗するも善戦して政治家としての足掛りを得た後、2001年バージニア州知事選挙に当選し1期4年奉職。(バージニア州は現職は連続で再選出馬できない全米唯一の州。)在職中に全米知事協会会長も歴任。

2008年にジョン・ウォーナーの引退を受け再度連邦上院選に挑戦。州知事経験者同士の選挙だったが共和党のジル・ギルモアに圧勝し2009年より現在まで連邦上院議員。同年の大統領選挙では基調演説も行った。

選挙での強さ、支持率の高さは目立っており、現在の民主党の中堅を代表する政治家の1人。大統領選挙への出馬を期待する声が常時出る政治家でもある。

外部リンク[編集]


公職
先代:
ジェイムズ・ギルモア英語版
Flag of Virginia.svg バージニア州知事
第69代:2002 - 2006
次代:
ティム・ケイン