マーク・ウェビンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーク・ウェビンクMark Webbink)は弁護士ならびにニューヨーク・ロー・スクール英語版(New York Law School, NYLS; ニューヨーク大学)法学部客員教授である[1]。NYLSでは、ウェビンクはPeer-to-Patent英語版プログラム開始時の拠点だった特許イノベーションセンターCenter for Patent Innovations)の執行役員Executive Director)を務めている[2]

彼はデューク大学スクール・オブ・ロー英語版シニア・レクチャリング・フェローSenior Lecturing Fellow[3]2007年10月に参加した[4]Software Freedom Law Center理事(Member of the board)[5]でもある。

彼はレッドハット2000年から2004年まで同社初の法務顧問General counsel[6]に就き、2004年から2007年8月まで知的財産権法務副顧問(Deputy general counsel for intellectual property)を務めた[7]のち、退任している。ウェビンクはオープンソースと知的財産権問題に関するブログを執筆している[8]

2011年3月16日、Groklawパメラ・ジョーンズ英語版(PJ)はGroklawの新しい編集者にウェビンクが就任する予定であると発表した[9]

脚注[編集]

  1. ^ New York Law School :: Mark Webbink”. NYLS英語版. www.nyls.edu. 2011年8月12日閲覧。
  2. ^ New York Law School :: Center for Patent Innovations”. NYLS英語版. www.nyls.edu. 2011年8月12日閲覧。
  3. ^ Mark H. Webbink”. デューク大学. www.law.duke.edu. 2011年8月12日閲覧。
  4. ^ Mark Webbink Joins Board of Software Freedom Law Center”. SFLC. www.softwarefreedom.org (2007年10月10日). 2011年8月12日閲覧。
  5. ^ Team - Software Freedom Law Center”. SFLC. www.softwarefreedom.org. 2011年8月12日閲覧。
  6. ^ Best Practices: Legal and Intellectual Property by Mark Webbink, SVP, General Counsel and Secretary”. Red Hat. www.redhat.com. 2011年8月12日閲覧。
  7. ^ Video: Open source software licenses explained”. Red Hat. www.redhat.com (2005年4月). 2011年8月12日閲覧。
  8. ^ http://www.walkingwithelephants.com/
  9. ^ As of Today, It's Mark Webbink's Groklaw 2.0”. Groklaw. www.groklaw.net (2011年5月16日). 2011年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]