マーキュリー・マリナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリナー・ハイブリッド

マーキュリー・マリナーMercury Mariner )はフォード・モーター米国で生産していたマーキュリーディビジョン向けのコンパクトSUVである。一般向けとしてはマーキュリーブランドで最後に生産された車種となった。

概要[編集]

フォード・エスケープおよびマツダ・トリビュート姉妹車であるが、それらよりもやや上級の車種に位置づけられる。マーキュリーブランドでは初の乗用車ベースのSUVとなり、また同ブランド最小の車種でもある。生産はエスケープやトリビュートとともにカンザスシティ工場にて行われた。

歴史[編集]

初代(2004年~2006年)[編集]

初代マリナー

2003年ニューヨーク国際オートショーでデビューし、翌年から2005年モデルとして発売開始。メカニズムなどはエスケープと基本的に変わらず、エンジンは直4 2.3LとV6 3.0Lの2種類。ただし、トランスミッションは4速ATのみでMTの設定はない。

また、エスケープに導入されていたハイブリッド仕様は2006年モデルで追加された。こちらの仕様もエスケープと同じである。

2代目(2007年~2010年)[編集]

2代目マリナー

2007年から2008年モデルとして発売を開始。プラットフォームは先代からのキャリーオーバーである。パワートレーンも当初は先代と同じであったが、2009年モデルでは従来の2.3Lに代わって2.5Lエンジンが用意され、トランスミッションも6速ATに換装された。 2010年10月3日に生産を終了、これは一般販売向けとしては最後のマーキュリー車となった。


外部リンク[編集]