マーガレット・カノヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーガレット・カノヴァン(Margaret Canovan, 1939年 - )は、イギリス政治学者キール大学名誉教授。政治理論専攻。

カーライル生まれ。ケンブリッジ大学ガートン・カレッジで歴史学を学び、イギリスの哲学者ジョゼフ・プリーストリーに関する論文で博士号取得。ランカスター大学やキール大学で教鞭をとる。

著書[編集]

  • The Political Thought of Hannah Arendt, Dent, 1974.
寺島俊穂訳『ハンナ・アレントの政治思想』(未来社, 1981年)
  • .G. K. Chesterton: Radical Populist, Harcourt Brace Jovanovich, 1977.
  • Populism, Harcourt Brace Jovanovich, 1981.
  • Hannah Arendt: a Reinterpretation of her Political THought, Cambridge University Press , 1992.
寺島俊穂・伊藤洋典訳『アレント政治思想の再解釈』(未來社, 2004年)
  • Nationhood and Political Theory, Edward Elgar, 1996.
  • The People, Polity, 2005.