マーガレット・オブ・イングランド (1275-1333)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーガレット・オブ・イングランド(Margaret of England, 1275年3月15日 - 1333年)は、ブラバント公ジャン2世の妃。父はイングランドエドワード1世。母はカスティーリャレオン国王フェルナンド3世の娘エリナー・オブ・カスティルエドワード2世は弟、スコットランドアレグザンダー3世の王妃マーガレットは叔母にあたる。フランス名はマルグリット・ダングルテル(Marguerite d'Angleterre)。

1290年ウェストミンスター寺院でジャン2世と結婚した。ジャン2世はイングランドの支援を受けてフランス側のエノー伯ジャン2世と戦ったが、成功しないまま1312年に死去した。ブリュッセル聖ミシェル大聖堂に埋葬され、2人の間の一人息子ジャン3世が後を継いだ。マーガレットはそれから21年後の1333年に死去、夫と同じく聖ミシェル大聖堂に埋葬された。